叢 厳 » 中国ビジネスヘッドライン

叢 厳

叢 厳
http://www.lexhh.com/

叢 厳 (Cong, Yan)
久田法律事務所所属 中国弁護士
2003年 愛媛大学法文学部卒
2005年 東京大学法学政治学研究科修士課程卒業
2007年 中国弁護士資格取得
あさひ狛法律事務所(2005年~2007年)、伊藤見富法律事務所(外国法共同事業モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所)(2007年~2010年)を経て、2010年4月に当事務所の設立に参加し、現在に至る。中国関係の直接投資、M&A、合弁事業、知的財産権、独占禁止法、労務管理等を手掛ける。

【寄稿者にメッセージを送る】

中国法上の売買契約における検査義務

Tweet!retweet

  売買契約における買主の検査義務については、「契約法」第157条及び第158条に規定がある。さらに、今年7月1日から施行される「最高人民法院の売買契約紛争案件を審理する際の法律問題の適用に関する解釈」(以下、「司法解釈 […]

続きを読む

外商投資企業の解散及び清算手続

Tweet!retweet

  最近、中国から撤退することを検討している企業も多いようである。そこで、本稿では、外商投資企業の解散及び清算手続の概要について紹介する。 1.外商投資企業の解散事由   「会社法」に規定する会社の解散事由は以下のとおり […]

続きを読む

2012年1月末実施 外商投資産業指導目録の改正 ポイントは?

Tweet!retweet

  「外商投資産業指導目録」(以下、「指導目録」という)は、外国の投資者が中国で行う外商投資プロジェクトの審査認可及び外商投資企業関連政策の適用の基準である。「指導目録」は1995年に制定されたが、経済発展及び対外開放の […]

続きを読む

中国における製造物責任 生産者、販売者、被害者の責任と権利

Tweet!retweet

  製造物責任は、中国で「製品責任」と呼ばれている。中国で物を販売又は製造する際に中国の製造物責任を知ることが重要なので、本稿はこれを紹介する。  1.製造物責任の概念   製造物責任について、日本では製造物責任に関する […]

続きを読む

中国のフランチャイズに関する規定

Tweet!retweet

 フランチャイズは、中国語で「商業特許経営」という。フランチャイズとは、フランチャイザーがその商標、標識、特許、ノウハウ等の経営資源を契約に基づきフランチャイジーに使用させ、フランチャイジーは契約に従い統一的な経営モデル […]

続きを読む

中国の外資企業における株主会と董事会の権限分配

Tweet!retweet

 中外合弁企業の場合、株主会を設置する必要はなく、最高権力機関として董事会を設置しなければならない。外資企業(100%外国資本)の場合は、「会社法」に従って、最高権力機関として株主会を設置し、その下に董事会を設置すること […]

続きを読む

外国出資者の外債による増資

Tweet!retweet

「会社法」によると、出資者が貨幣以外の現物をもって出資する場合、当該非貨幣財産は、①貨幣により評価することができ、②法により譲渡することができるという要件を満たさなければならない。また、「会社登記管理条例」には、出資者は […]

続きを読む

外商投資企業の中国国内での再投資

Tweet!retweet

1.外商投資企業の再投資 中国国内で設立された外商投資企業は会社を新設し、又は既存の中国企業の出資持分を取得することができる。このような中国国内での再投資行為は、対外経済貿易合作部と国家工商行政管理局が2000年7月25 […]

続きを読む

中国企業の出資持分による現物出資

Tweet!retweet

1.    現物出資に関する法規定中国における現物出資制度に関しては、主として「会社法」、「会社登記管理条例」及び「会社登録資本登記管理規定」に規定が置かれている。これらの規定によると、中国の会社に現物出資できる財産は、 […]

続きを読む

外商投資企業紛争案件の司法解釈

Tweet!retweet

今年8月5日、最高人民法院から「最高人民法院の外商投資企業紛争案件の審理の若干問題に関する規定(一)」(以下「司法解釈」という)が公布され、8月16日から施行された。この「司法解釈」は、最高人民法院が外商投資企業紛争案件 […]

続きを読む