薄田 雅人

薄田 雅人
http://www.cjworks.net/

株式会社フェイス 執行役員
1960年鎌倉生まれ。成蹊大学在学中に現代中国学者の加々美光行師と出会う。同校卒業後、アジア経済研究所調査研究部にて中国語研修受講。その後国費留学生として上海復旦大学中文系に留学。帰国後、日本国際貿易促進協会で理事長秘書、金融投資協力部、投資推進チーム課長等歴任。1997年に海外投資経営コンサルタントとして独立。中国滞在年数は上海、大連、北京で10年余。数々の直接投資案件を成功させてきた。2004年から国産パッケージソフトウェア(字幕制作ソフトウェア、字幕ソリューション)の国際展開に携わり、現地法人総経理として中国市場開拓の最前線に。CCTV(中国中央電視台)、中国電影集団等、中国業界最大手企業への納入を成功させた。著書に『中国で勝つ-鳴動する13億巨大市場攻略の条件』など。

【寄稿者にメッセージを送る】

アジアの「領土紛争」とアメリカ 今こそ日中対話のパイプ育む時

Tweet!retweet

  このところ、アジアの「領土紛争」が新聞紙面に載らない日はありません。勿論、主役は中国です。   さいしょに世界史を少し長いスパンで見てみましょう。過去数世紀は、基本的にアングロサクソン国家が世界の覇権を握っておりまし […]

続きを読む

「メイド・イン・ジャパン」から「メイド・バイ・ジャパニーズ」へ

Tweet!retweet

  中国には深刻な食品安全問題があります。わたしが上海で留学生活を送っていた80年代にも衛生問題はありましたが、経済大国になった現在は”儲け第一”というか、商道徳の荒廃に起因する手抜き、イカサマ、 […]

続きを読む

中国の成長力を取り込む 経営トップ自ら果敢に飛び込め

Tweet!retweet

  中国ビジネスは本当に政治と不可分ですね!-最近ある日本人の方から、セミナーを依頼された時に伺った一言です。   たしかに、最近の重慶事件(または王立軍事件)を持ち出すまでもなく、中国の経済社会体制は、政治あるいは権力 […]

続きを読む

中国進出にあたり、押さえておくべきこと 「孫子兵法風」に考察

Tweet!retweet

  編集部の方から、このテーマで原稿を書かれたし、とご連絡をいただきました。ちょっとコラム一回分の分量ではとても収まりそうもない-ふだん、このテーマで二時間位お話をさせていただいておりますので-のですが、孫子兵法風に、考 […]

続きを読む

国際ビジネスのキモ 「人脈」とはなにか 試される自身の人間力

Tweet!retweet

  「国際ビジネスの要諦は義理と人情にあり!」-国際ビジネスとは、なんて言うと、普通それらしい横文字が格好良く出てきそうなのに、これじゃまるで浪花節です。   でもこれは、わたしが尊敬する人生とビジネスの大先輩-元大手機 […]

続きを読む

「見えない中国」 華人華僑世界の魅力

Tweet!retweet

  以前、高校生でも読める現代中国についての入門書を出したことがありますが、そのなかでとくに触れたかったのが「見えない中国」、つまり「国家体制としての中国」をはるかに超えた華人華僑世界についてのお話でした。   わたした […]

続きを読む

日中関係を牽引すべき「ミックス人材」

Tweet!retweet

  わたしの親しい友人は、かつて中国人女性と結婚していました。二人はその後別々の道を歩むようになりましたが、かわいい一粒種のお子さんに恵まれました。   そのお子さんが、今年の春から日本の大学に通うことになったと聞きまし […]

続きを読む

「良い通訳」と「悪い通訳」の見分け方 上手な「通訳の使い方」

Tweet!retweet

日中ビジネスと「通訳」(下)   前回は日中ビジネスの現場における「通訳」の重要性について、「中国人通訳におんぶに抱っこ」がいかに危険かという観点からお話しました。今日は一歩踏み込んで、「通訳」をどう使うかということを考 […]

続きを読む

通訳が明暗を分ける 中国人通訳におんぶに抱っこが危険な理由

Tweet!retweet

日中ビジネスと「通訳」(上)   あけましておめでとうございます。これは春節(旧正月)元旦のご挨拶です。本年もよろしくお願い致します。   今日は、「通訳」についてお話したいと思います。   通訳は、古来大変重要な役割を […]

続きを読む

摩訶不思議な価格体系 ”中国市場の素顔”とは

Tweet!retweet

中国には、とても不思議な価格体系があります。特定の時代や土地での問題の<特殊化>を比較的嫌うわたしが「いまの中国には」と書かないのには、理由があります。 それは、わたしが留学生時代を過ごした1980年代前半の上海に、現在 […]

続きを読む