澤野 勝治

澤野 勝治
https://www.k2s.asia/

1996年、中国初のレーシングコース 広東省珠海国際サーキットのオープニングを 皮切りに中国モータースポーツに深く関わる。2008年より上海に移転し台湾資本の企業でビジネスプラ ンニングを担当。北京VW、一汽豊田のプロモーションの企画立案を行う。2010年、結婚を機にマカオへ移住。日系マカオ人の妻と共にビジネスサポート・貿易業であるK2S HOLDINGS LTD.とレーシングサービスカンパニーである金狼賽車有限公司【Gold Wolf Racing Ltd.】を設立。 2012年度よりインドへも進出。インドモータースポーツに初めて参加した日系モータースポーツカンパニーとなった。2013年度より中国本土・香港・マカオ・フィリピン・インドのPUMAモータースポーツギアの総代理店となる。そしてこの夏から上海へも再進出を果たし、業務の幅が広い実業公司として上海駿雄貿易有限公司を設立し総経理に就任。一般ビジネスではマカオ大学や政府・行政機関の通訳・翻訳や現地弁護士事務所の日系企業向けの作業を担当。ロジスティックから小型家電製品開発まで幅広い企業活動を展開中。
尚美音楽学院 電子オルガン科中退と言う変りダネ。

【寄稿者にメッセージを送る】

カジノの権利、それは「売るわけが無い権利」 マカオにおけるカジノライセンスの構造と現状

Tweet!retweet

数か月前、日本の記事でこの様なものを見た。 竹内力の所属事務所 1000億円規模のホテル買収プロジェクトに関与か(Livedoor NEWS) http://news.livedoor.com/article/detai […]

続きを読む

中国人観光客の爆買いにみる日系企業の中国本土でのプロモーション失敗と課題

Tweet!retweet

 常々、中国ビジネスヘッドラインでは中国本土に於ける日系企業のプロモーション戦略のまずさや当地に於けるそれらの難しさを指摘してきた。今回、春節の日本に於ける中国人観光客の爆買いでそれらの指摘が間違えていなかった事が証明さ […]

続きを読む

マカオから見た、日本で「カジノ」が成功しないこれだけの理由

Tweet!retweet

 一般的に”カジノ法案”と呼ばれている【特定複合観光施設を整備するための法案】がどうなるのか? と言う事が非常に大きな注目を集めていると聞く。  私の会社も今年に入ってからカジノ、なかんずくVIP倶楽部について大きく関わ […]

続きを読む

シャオパン成功物語 出稼ぎ労働者が手にした成功と「iPhone5」

Tweet!retweet

 今回はひとりの青年(シャオパン)の使用する携帯電話機をテーマにお話しします。自分が中国に居住を移した2008年の話。ひとりのメカニックが私の受持ちのマシンを担当した。少林寺で有名な河南省の小さな町の出身。言うなれば上海 […]

続きを読む

マカオの退職事情 ”海外で働く夢”の裏に潜むトラブルに注意

Tweet!retweet

 この40日ほどの間に10人近い方々の退職の手続き或いは相談、交渉等をしました。ほとんどはマカオ人なのでこれはあまり参考にならないので割愛しますが、数人の日本人のケースが何ともやっかいなケースであり、尚且つ結果としては” […]

続きを読む

中国の富裕層はどこにいるの?顧客獲得に必要なたった1つのこと

Tweet!retweet

  よく中国ビジネスを語る時に”富裕層”と言うキーワードを聞く。さらに最近では『上海の富裕層に会わせてあげるビジネス』が横行しているとも聞く。イベント如きで出てくる中国人が富裕層かどうかも調べようが無いが、まさかパーティ […]

続きを読む

本当に中国は必要なパートナーなのか? 自動車産業から考える

Tweet!retweet

  インドでのシリーズが一旦終わり、ホッとしているところです。今回は、前回迄のニューデリーから場所をチェンナイ(旧マドラス)に移しての最終ラウンドでした。今回、チェンナイでの仕事を終え、また様々な情報を収集した結果、再度 […]

続きを読む

インドの現場から。今、本当に中国以外のアジアへ行く時か?

Tweet!retweet

インドへ行っての率直な感想『あと10年掛かる』   昨年の秋口、ご縁がありインドのモータースポーツに参加した。10月下旬から始まり2月に終了するシリーズ戦の為、現在も続いており来月中旬でようやく終了。もちろんその間、マカ […]

続きを読む

以前とは異なる日中情勢 「商売をさせない」雰囲気が露骨に

Tweet!retweet

  本来はいま、報告書の原稿を書かなければならないのだけれど、色々と頼まれた用事をこなすうちに随分とおかしな話しを聞かされる羽目になっている。   結論から言うと、今回の中国と日本の間に起こっている問題は確実に経済面に支 […]

続きを読む

中国の自動車メーカーと海外との合弁メーカーの将来は?

Tweet!retweet

  改革開放路線と言う今となっては死語のような言葉の号令が掛かってからいく星霜が過ぎ去った2012年7月。中国一のGDPを誇る広東省広州市は発展とは違う意味で奇妙な歴史の1ページを刻んだ。自動車の登録ナンバー規制問題で7 […]

続きを読む

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録