百瀬 道子 » 中国ビジネスヘッドライン

百瀬 道子

百瀬 道子
http://www.multilingualcart.com/

WIPジャパン株式会社 シニアコンサルタント
大学卒業後、印刷会社、出版社を経て独立。Webサイトの受託開発をしながら2006年に2言語対応ネットショップASP「バイリンガルカート」、2007年に多言語対応ネットショップASP「マルチリンガルカート」をリリース。2008年に同事業をWIPジャパンに譲渡。現在もマルチリンガルカートの開発・運営を行う。国境を超えて取引ができるサービスが、世の中にどのような影響を与えられるかを探求中。「中国のEC市場はポテンシャルは大きいが難しい市場です。中国でのECの可能性や課題についてお話しします。」
※なお、このコラムは個人的見解であり、所属組織のものではありません。

【寄稿者にメッセージを送る】

中国ECはこれから。 後編

Tweet!retweet

前編では日本の高度成長期を振り返り、中国はそれとよく似た経済発展モデルを採っているのでははないか、という仮説をたてました。 その仮説を前提としてですが、現在の中国国内消費の拡大に見合う生産を今後も続ければ、自国内だけで賃 […]

続きを読む

中国ECはこれから。 前編

Tweet!retweet

私はこの記事を書いている2010年現在「中国向けECをやりたいのだが、どうか」と訊かれた際には「短期的な結果を求めるなら、中国は避けるべき」と回答することにしています。ECは通信、物流、決済などのインフラが整い、ECの利 […]

続きを読む

2010年9月からAlipay国際決済ができなくなる?

Tweet!retweet

新華社通信などによると、中国人民銀行(中央銀行)は2010年06月21日、「中国人民银行令〔2010〕第2号 非金融机构支付服务管理办法(非金融機関の決済サービスに関する管理弁法)」(以下「本法」)を発表し、Alipay […]

続きを読む

中国向けに合法的にECを行うための3つのスキーム 後編

Tweet!retweet

2)運営は日本企業が行い、中国内に連絡事務所を設置する(非経営性ICP取得) 次が折衷案。実のところICP規制を行っている法律はかなり奇妙で、正直なところインターネットを日常的に使っている人間によって設計されたとは考えが […]

続きを読む

中国向けに合法的にECを行うための3つのスキーム 前編

Tweet!retweet

中国ビジネスホットラインの読者の皆さま、はじめまして。百瀬と申します。東京都内の翻訳・海外調査会社で海外向けネットショップASPの開発や運営をしています。日本企業による中国向けECの現場に色々と関わっている現場から、イン […]

続きを読む