莫 邦富

莫 邦富
http://www.mo-office.jp/

作家・ジャーナリスト。1953年、上海市生まれ。上海外国語大学日本語学科卒。同大学講師を経て、85年に来日。95年に莫邦富事務所を設立。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続けている。また、「新華僑」や「蛇頭」といった新語を日本に定着させたことでも知られる。
日本企業の中国進出、中国向け商品のネーミング開発、日中地方自治体や企業に対するコンサルタントも積極的に進めている。博報堂スーパバイザ。SMBCコンサルティング顧問。安徽省観光大使。山梨県観光懇話会委員。石川県中国インバウンド研究会顧問。ニューコン株式会社(IT企業)社外取締役。大妻女子大学特任教授など。

【寄稿者にメッセージを送る】

中国が謙虚に学習の対象にすべき「日本のソフトパワー」

Tweet!retweet

改革・開放路線のもう1つのスローガン「日本に学べ」   1978年に、中国の改革・開放路線が始まった。それ以降、中国は大きな発展を遂げた。しかし、改革・開放路線が始まった当時、中国には、隠れたスローガンがひとつあった。そ […]

続きを読む

もはやニッチ市場と軽視できない!80万人の「在日中国人市場」

Tweet!retweet

  30年前のことだっただろう。今でもはっきりと覚えている。当時、上海外国語大学で日本人教師Y先生が日本から訪れてきた友人からお寿司の手土産をもらった。40代のY先生はこのお寿司を口に入れた途端に、涙をぼろぼろとこぼした […]

続きを読む

北京と上海で講演して感じた「日中関係への関心の高さと手応え」

Tweet!retweet

  3月中旬、香港の大財閥李嘉誠氏が率いる長江グループが中国本土に設立したビジネススクール・長江商学院の招きで、大勢の日本人が暮らしている北京と上海で講演をした。人民網、中国新聞社、網易、捜狐などをはじめとして多くの中国 […]

続きを読む

縁起のよい「北陸お土産パンセット」はいかが?地域連携の重要性

Tweet!retweet

  昨年2月、講演のため、富山市を訪れた。雪のため、電車で東京に帰る方法を取った。富山駅前のパン屋で「富」の字を○で囲んだ文字(マル富)が焼きつけられている焼き立ての餡パンを見つけた。富山という地元カラ―を出すための商品 […]

続きを読む

中国でも人気の「ブランド和牛」 最も有名なのは何牛?

Tweet!retweet

中国人もブランド名で和牛を注文   和牛ブームの日本では、各地に行くと地元の方から頻繁に地元産の和牛の自慢話を聞かされる。松阪牛、神戸牛、飛騨牛、宮崎牛……一工夫でもしないと、とても全部覚えらそうにない。   ところで、 […]

続きを読む

お歳暮に見る「日本商品の魅力」と「中国メーカーにない発想」

Tweet!retweet

  師走に入ると、”ゆく年を見送り、くる年を迎える”という新年の気配が日を追うごとに濃くなってくる。その風物詩はなんといってもやはりお歳暮なのだ。日本に移住して27年がまもなく過ぎ去り、28年を迎える。3年目から私もお中 […]

続きを読む

日中関係は真冬に突入。一方で多数存在する「凍結しない温泉」

Tweet!retweet

莫邦富の新連載 中国ビジネス実践塾 ~中国ビジネスの現場から~ 第1回 日中関係は真冬に突入。一方で多数存在する「凍結しない温泉」   日中関係がたいへん厳しい状態にある。日本のメディアを見ると、日本企業が中国から撤退す […]

続きを読む

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録