坂梨 仁哉

坂梨 仁哉
http://cn.bm-sms.asia/

SMS北京:法人代表兼総経理
捜夢司(北京)咨詢服務有限公司 総経理
【職歴】
2007年 株式会社エス・エム・エス東京本社新規事業室勤務。
2008年 上海に中国高齢化市場の調査及び事業立上のため赴任。上海を拠点とし中国主要都市の実地調査実施後、2009年9月北京にて法人設立。以降、中国子会社代表。

【寄稿者にメッセージを送る】

公立養老院の成立条件が厳しい中、民営養老院の運営が困難に

Tweet!retweet

  五年前定年退職したAさんは公立養老院に登録したが、今も自分の順番にならなかった。電話をすると、向こうは「毎年、数十人しかここに入院できないので、この調子で行けば、少なくとも10年以降、Aさんの順番になる。」と返事した […]

続きを読む

中国衛生部長の発言から読み解く中国医療分野のビジネスチャンス

Tweet!retweet

  ご存知のとおり、他の産業と同じく中国の医療産業も殆ど公立が主流を占めているのだ。衛生部の資料によると、中国大陸の医療機構は約2.2万件があり、民間病院はおよそ総数の1/3で、つまり6000件に達している。ただ、ベッド […]

続きを読む

仙源養老院の「民営化事件」

Tweet!retweet

仙源養老院の「民営化事件」   8月中旬、貴州省仙源镇に行けば、当地で最も高級なホテルが「仙源镇養老院」ということがわかる。しかし、もともと養老院に住んでいるはずな老人はすでに見えなかった。「仙源養老院」は公立養老院で、 […]

続きを読む

なぜ民営養老機構は困難にあるか

Tweet!retweet

  民営養老院は本来ならば、政府の優遇対策を受けるべきだ。例えば、税金、電気代、ガス代などは、「企業/組織」の基準ではなく、「一般居民」の基準として金額を定める。しかし、実際の状況はそうではない。それに対して、公立養老院 […]

続きを読む

高齢化が最も著しい天津市。政府が注力する高齢者向けサービス

Tweet!retweet

  天津市は全中国で高齢化現象が最も著しい市である。高齢者人数が増加しつつあり、身体状況と収入レベル、生活習慣などの面では違っているという現状に応じ、政府は様々な対策を実施し、本市で多層的な養老体系を構築する。 [託老所 […]

続きを読む

日本より先進的?!中国の高齢者向けサービス 山東省で進行中

Tweet!retweet

  「年をとると、ショッピング・外出などの時は非常に不便だ。12343コールセンターに電話をかければものを直接お宅に配送できる!」今、山東省潍坊市にはすでにこのような配送サイトが76カ所建設された。   政府のデータによ […]

続きを読む

養老コミュニティーは「多方参与」という局面を形成するべき

Tweet!retweet

(養老市場:日本語で言うと「高齢者産業」に近い。「介護」という概念よりも広範囲)   人は年をとると、何を最も怖がっているといえば、外出の不便、聴覚・視覚の障害などは言うまでもなく、看護をする人がいないことも大きな問題と […]

続きを読む

北京養老市場(高齢者産業)の現状

Tweet!retweet

  養老市場における様々の混乱は、今度参入条件を向上させることで規範化されるという望みだ。   (養老市場:日本語で言うと「高齢者産業」に近い。「介護」という概念よりも広範囲)   近日、北京市老齢工作委員会弁公室(以下 […]

続きを読む

中国大都市圏における高齢者福祉施設の配置状況

Tweet!retweet

  2000年の第五次人口普査によると、60歳以上の高齢者人口が総人口の10.2% を占めるようになり、中国は本格的に高齢化社会になった。そして、2010年の第六次人口普査の結果では、60歳以上の人口が既に総人口の13. […]

続きを読む

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録