北川 祥一

北川 祥一
http://www.kitagawa-law.com/

北川綜合法律事務所 代表弁護士。
東京大学法学部卒。弁護士登録後、中国関連国際企業法務分野においてトップローファームといえる大手法律事務所(曾我・瓜生・糸賀法律事務所)に勤務し、大企業クライアントを中心とした多くの国際企業法務案件を取扱う。その後独立し現事務所を開業。上記前事務所勤務時代における中国留学経験も有し法令・契約書等の中国語原文でのレビューも行う等、国際企業法務の観点から中国・アジア国際ビジネスを総合的にサポート。
【セミナー、執筆】
◎2008年IBL(国際商事法研究所)「技術ライセンスの実務」セミナー◎2009年IBL(国際商事法研究所)「中国現地法人の増資・減資の実務~会社法制、外貨管理、税務の各観点より」セミナー共同担当○「国際商事法務」(2009年11月号)■中国法令速報(145)執筆○「国際商事法務」(2010年 1月号) ■中国法令速報(147)執筆

【寄稿者にメッセージを送る】

対中国・アジアの契約締結交渉で不利な契約をしないための注意点

Tweet!retweet

 契約書には自分側にとって理想の形があります。しかしながら、当然、契約の締結は相手方のいる話しとなりますから、自分側に有利な条項・理想の条項が必ずしも通るとは限りません。  中国やアジアビジネスに目を向ければ、しばしば、 […]

続きを読む

未だに多い中国ビジネスの失敗事例

Tweet!retweet

  弊所では、契約書の作成・現地法律調査等の予防法的業務に加えて、紛争問題を取り扱うことも少なくありませんが、これだけ日本企業の中国進出が進んだ中でも未だに絶えない失敗事例の1つには、自社の中国人従業員や知人のコネ・伝手 […]

続きを読む

中国ビジネス契約のポイント・紛争の解決と予防(紛争解決条項)

Tweet!retweet

  さて、前回に引き続き中国国際契約のポイントです。前回はう準拠法条項について説明しましたが、今回は紛争解決条項について触れたいと思います。紛争解決条項は、その名のとおり中国ビジネス上債務不履行等の紛争が発生した場合にど […]

続きを読む

中国国際契約のポイント(準拠法の選択)

Tweet!retweet

  仕事柄多くの国際契約を拝見する機会がありますが、今回は、その中でも定型の国際契約等にも多く見られる準拠法条項と紛争解決条項についてそのポイントをお話したいと思います。   準拠法条項とは契約の成立、効力、解釈及び履行 […]

続きを読む

失敗しない中国進出

Tweet!retweet

みなさん、こんにちは。 今回よりこちらでコラムを執筆させて頂きます弁護士の北川と申します。 私は、弁護士業務を開始して以来今日に至るまで、企業様の中国・その他アジア諸国への進出、進出後に発生する様々な問題、あるいは撤退等 […]

続きを読む

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録