金 鋭

金 鋭
http://anchor.yingchuang.com/jp/

インテリジェンス・アンカーコンサルティング(上海)有限公司 董事総経理
1989年㈱リクルート入社、一貫してHRビジネスに従事。1996年に中国新規事業担当。1999年よりインテリジェンス上海の前身で日系企業向け人材紹介会社の草分けでもある上海創価諮詢に共同経営者として経営参加。2011年より現職。
ジェトロ主催及び他社との共催を含めて多数のセミナーにおいて、「中国人事労務」「高級人材の獲得」「中国人事制度」「人事・採用戦略」等に関するセミナー講師を担当。その他、日経ビジネスオンラインやダイヤモンドオンラインにて中国人事に関するコラムを執筆するなど、日系企業の中国進出、事業展開を人事・組織の面からサポートしている。

【寄稿者にメッセージを送る】

中国駐在員にとっての3年間 適応、信頼獲得、そして勝負へ

Tweet!retweet

<はじめに>   毎年この時期になると新任の赴任者の方と話す事が多くなります。「まだ赴任したばかりなので」「まずは中国語です」と4月着任が多い中様々な思いを持って赴任されます。欧米系企業では赴任時に本国で「赴任期間は○年 […]

続きを読む

日本人総経理や駐在員が中国人社員に教える際の3つのポイント

Tweet!retweet

中国人社員に教える際の3つのポイント   日本企業の総経理や駐在員と話していると「中国人社員にいろいろ教えているけどなかなか身に付かない」「報告連絡相談と口酸っぱく何度も言っているのに行動に結びつかない」という言葉をよく […]

続きを読む

「用人不疑・疑人不用」 真の現地化は人を信じる事から

Tweet!retweet

  「日本企業では上司が間違っていてもそのまま続行する、部下に弁解と発言の権利はない」   「いつも本当かと疑われている」   これは上海の日系企業に勤めている中国人管理職の発言です。「用人不疑・疑人不用」とは「人を使う […]

続きを読む

「違って当然」と考える事で中国赴任後の戸惑いは乗り越えられる

Tweet!retweet

  中国に赴任して数ヶ月。中国で事業を展開し始めて数年。日本人が最初に戸惑うのが当たり前でない「違い」ではないでしょうか?電話の取り方からビジネスの進め方。生活習慣や家族に対する考え方まで深く入って行けば行くほどその違い […]

続きを読む

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録