福田 完次

福田 完次
http://www.glabpot.com

(株)グラブポット代表取締役・久良豊(上海)人材服務有限公司・久良豊(大連)諮詢有限公司 CEO。ブログ日中ビジネスすごろく道中記(http://ameblo.jp/cjgarf/)にて中国ノウハウを毎日発信中。中国ビジネスコンサルティングとグローバル人材の紹介事業を営む。技術者派遣最大手の(株)メイテックにて14年間取締役。中国ビジネスは2002年から、事業モデル策定から法人設立、市政府折衝まで全てを管掌。2004年には大連市高新街園区の顧問に就任。現地法人設立エリアは、上海、杭州、大連、広州、西安、成都、北京。今までに設立した法人数は20社余り。大連市、西安市の市政府幹部とも交流を続けており、中国内での多数の人脈を保有。沿岸部から内陸部まで、経営戦略立案から実運営まで全てを経験、中国のビジネス特性と広範囲なエリア特性についても熟知している。

【寄稿者にメッセージを送る】

商船三井問題と中国ビジネスリスク 企業はどう向き合うべきか

Tweet!retweet

 商船三井の船舶が杭州で差し押さえられたことが大きな話題になっています。勿論様々な考え方がある訳で、これをもって中国ビジネスがいよいよ難しくなったという捉え方もあれば、2010年に確定していた訴訟であり、その和解も成立し […]

続きを読む

靖国参拝の影響による日系企業リスクは限定的

Tweet!retweet

 昨年暮れの靖国参拝以来、また大分落ち着きがなくなってきている日中関係ですが、日系企業への影響はそう大きくならないだろうと考えています。特に、このことによる強硬な反日デモや組織的な行動により、日本人への人的被害が出ること […]

続きを読む

派遣利用10%以内を義務付け 企業が考えるべき本当のポイント

Tweet!retweet

  中国での労働契約法が改正になっています。上海を例にとれば、派遣業務に様々な制限が付き、更に総雇用数の10%を超えてはならない(上海の事例、都市毎に比率が違いますが、最大でも30%とされています)という事ですから、派遣 […]

続きを読む

益々厳しくなる中国の外国人就労ビザ(新規・更新)の実態と狙い

Tweet!retweet

シニアの方の就業許可書は出にくい   中国での外国人就業ビザの取得や更新が非常に難しくなっています。基本的なことを言えば、60歳以上についてはNG、58歳くらいで許可されなかったケースも散見されます(ポジションにもよりま […]

続きを読む

苦境の中国オフショアリング事業、今から出来る6つの対処療法

Tweet!retweet

  前回、中国を活用したオフショアリングというビジネスモデルについては既に破綻しているとお伝えしました。また、為替だけで成否が揺れ動いてしまう不安定なビジネスモデルであるということも書きました。 ※まだお読みでない方は、 […]

続きを読む

既に崩壊している中国コストダウン型オフショアリングモデル

Tweet!retweet

日本水準の品質を担保しながらコストを落とす事の難しさ   オフショアリングと言うのは、ご存知の様に日本のビジネスの一部を海外に出して様々な効果を得てゆく事ですが、実はこのビジネスモデル、少なくとも中国のコストダウン目的の […]

続きを読む

PM2.5 中国の環境改善が進まない根本的な理由

Tweet!retweet

  中国の大気汚染の悪化、特にPM2.5の影響が随分大きく扱われる様になってきました。個人的には指摘がされていなかっただけで、随分前から酷かったというのが実感です。日本からの観光客も激減しているとの事ですが、日中関係の不 […]

続きを読む

中国ビジネス、レアアース対応に学ぶ重要なコツ 依存しすぎない

Tweet!retweet

  中国のレアアースは2012年には輸出総額で9億6000万ドルとなり、前年対66%ダウンとなりました。理由は簡単、日本が買わなくなったからです(各国需要などの複合的な要因も勿論ありますが、これが主因)。   これまで中 […]

続きを読む

今、中国でトラブルに遭わない為に注意すべき10のポイント

Tweet!retweet

  煎じ詰めると、現地に同化する、日本人だと判りにくくすると言う事になってしまいますので、個人の信念とは反する方々も多いかも知れません。(日本人のアイデンティティを曖昧にしてまで危険を避けたく無い、それは潔しとしない等々 […]

続きを読む

尖閣問題、中国撤退コストは通常の3倍超の場合も、その裏側は…

Tweet!retweet

  中国の日系企業の一部に撤退の動きが出ています。特に生産拠点として展開している所にとっては、人件費の高騰やストライキなどのリスクを抱えている所に持ってきての、暴力的なデモ。更に、その後の日本製品の不買運動等で生産量を余 […]

続きを読む

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録