伊藤 雅雄

伊藤 雅雄
http://www.chinabusiness-support.com/itomasao

大学で中国語と比較文化論などを研究。卒業後、旅行会社に就職。以後20年あまり、方面を問わず「日本人の行きそうな外国の街」のほとんどを添乗や視察、営業などの目的で渡航。とくに中国への造詣が深く、25年間で全土の省・自治区をほぼすべて訪問した。業務の合間に地元の人々からさまざまな情報を仕入れ、「人々の暮らしや習慣」に興味を持つようになり、やがてエッセイやコラム執筆を始める。2007年夏よりイギリスに在住。近著に「中国人ご一行様からクレームです(三修社刊)」。雑誌への寄稿なども多数。

【寄稿者にメッセージを送る】

欧州の空港閉鎖騒動は中国にとって対岸の火事か?

Tweet!retweet

4月15日に起こったアイスランドの火山噴火で欧州のほぼ全域で飛行禁止措置が取られた。その間、ロンドン・ヒースローやパリのドゴール、フランクフルトの欧州3大空港の機能も停止、もっともひどかった日には欧州全体で5分の4の便が […]

続きを読む

急がば回れ?! 地方から地方へは北京や上海経由で飛ぶ

Tweet!retweet

出張などで都市Aから都市Bに飛ぶのには、直行便で行くのが利用者にとっては一番便利だ。しかし、中国の地方都市を結ぶフライトは、区間によっては1日に1便どころか、週に数便しかないケースも少なくない。 ところで、アメリカ国内線 […]

続きを読む

JALのスカイチーム加入で日中線がより便利に?!

Tweet!retweet

経営再生中のJALについて、具体的な再建案が政府主導で固まりつつあるが、その過程で、米デルタ航空との提携もより現実的なものとなって来たようだ。 デルタとの提携の結果、JALが航空同盟「スカイチーム」への転籍の可能性もます […]

続きを読む

JAL&デルタの資本提携で日中線運賃は下がるか?(2)

Tweet!retweet

JALとデルタ航空の提携が具体的に決定した場合、日中線はどのように変わって行くだろうか、期待も込めて大胆に予測してみたい。 まず、料金下落の可能性について。今後デルタが引き継ぐことが決定的なノースウエスト運航の成田発北京 […]

続きを読む

第1講 中国の航空事情について考える(その5)

Tweet!retweet

新年気分もまださめぬ1月4日の午後、衝撃的なニュースが伝えられた。 経営再建中のJALが米デルタ航空と資本提携の方向で調整に入ったという。深刻な経営難に陥っているJALの再建をめぐっては、企業再生支援機構と政府投資銀行が […]

続きを読む

第1講 中国の航空事情について考える(その4)

Tweet!retweet

「地方都市へは鉄道で行くのも一考」?「夕発朝至寝台車」のススメ 日本では都市間移動の交通機関としての役目をほぼ終えてしまった寝台列車。国土の広い中国では、昔から目的地まで3日も4日かかる長距離列車が当たり前のように走って […]

続きを読む

第1講 中国の航空事情について考える(その3)

Tweet!retweet

「1区間1,500円のチケットも」中国にも格安航空チケットが登場 航空会社各社の営業低迷が伝えられる中、好調な業績を上げているのがローコストキャリア(LCC)と呼ばれる格安航空会社だ。欧州では、アイルランドを拠点とするラ […]

続きを読む

第1講 中国の航空事情について考える(その2)

Tweet!retweet

「国際空港なのに言葉が通じない」 出張に行った中国の空港で言葉が通じなくて困った、という「みやげ話」を良く聞く。もっとも、チェックインカウンターで搭乗券をもらって荷物を預けて…といった程度のことなら言葉の「通じる通じない […]

続きを読む

第1講 中国の航空事情について考える(その1)

Tweet!retweet

「会社の規則で中国の飛行機には絶対乗らない」 10年前にこう言う話を聞いてひどく驚いたことがあった。しかし、いまだにこのようなポリシーを守っている会社もあるらしい。まぁ、実際に大きな事故が起こったときの補償の問題などを考 […]

続きを読む

第0講 プロローグ

Tweet!retweet

私が中国と付き合うようになってから早25年あまりが経った。 80年代の中国は、いわゆる社会主義的な計画経済の象徴とも言われた人民公社が大都市の郊外にも残り、一万元あれば「万元戸」と大金持ちともてはやされた、そんな時代だっ […]

続きを読む