工場監査では作業指導書が必要な理由を問え!


 もし新規取引先選定の工場視察で、作業指導書または作業手順書が現場になかったら取引可否はどのように判断しますか?

 中国工場を対象に考えていただいて結構ですが、どこの国の工場でも同じです。

 わたしなら作業指導書が整備されていない工場は、取引先としてはふさわしくないと判断します。

 どうしてもそこから買わなくてはならない理由があれば、買うという判断もあるでしょう。

 しかし、購入開始後に様々な問題が起き苦労する可能性が高いことを覚悟しておく必要があります。

 作業指導書は単なる書類ではなく、それぞれの工程で行われる作業に求められるものを網羅しているものです。

 品質基準、それを実現するための作業のポイントや手順など、指導書通りに作業をすることで品質を確保します。

 作業指導書は、作業の手順や方法、そして注意すべきポイントがわかるように記載することが必要です。

 しかし、中国企業では単に図面を転記したような作業指導書を見かけることもあります。



 作業指導書に関して中国企業を見るときにもうひとつ注意しなくてはならないのが、現場の班著なり組長などの管理者が作業指導書の意味を理解しているかどうかということです。

 作業指導書に作業方法や手順を記載するときは、当然その時点でベストの方法であるはずです。

 決められた通りに作業者が作業していると思ってしまいがちですが、中国工場ではそうとは限りません。

 ある中国企業の工場では、作業指導書はあるものの作業手順が書かれていませんでした。注意して作業を見ると作業者によって作業方法が違うことが分かりました。

 そこで作業方法を標準化して作業指導書に記載するように指摘しました。

 作業指導書は修正され、作業手順が盛り込まれました。ところが、作業をよく見るとやはり作業者によって作業方法が違っていました。作業標準が徹底されていないのです。

 作業指導書に記載されている作業方法通りに作業をさせるのは現場の管理者である班長や組長の重要な役割です。

 この工場の班長や組長は標準作業、そしてそれを記載した作業指導書通りに作業者に作業をさせる理由がわかっていませんでした。自分たちにそのような役割・責務があることも理解していませんでした。

 中国工場を見るときは、こうしたことにも注意をしてください。そして現場の管理者に作業指導書が必要な理由を質問してください。それによって現場管理者のレベルもわかります。

 現場の管理者のレベルが工場のQCDレベルになるというのが、経験から得た弊社の持論です。(執筆者:根本 隆吉)


根本 隆吉

根本 隆吉
http://www.prestoimprove.com/

◆ 主業務:日系中国工場の品質管理体制構築、品質改善支援。
 現場管理のキーパーソンである班長の育成研修にも 力を入れている。
駐在員が能力を発揮することを目的とした駐在員コーチングも手掛ける。
◆ 電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て、香港・中国に駐在。
 中 国においては、購入部材の品質管理責任者として延べ100社に及ぶ取引先品質指導ならびに現場改善指導に奔走。
◆2007年より現職。生産の3要素で捉えた中国工場の品質管理の問題点と指導 のポイントをテーマにしたセミナーの実施多数。外観目視検査の精度アップセミナーの講師も務める。

【寄稿者にメッセージを送る】

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録