中国で浸透する日本で人気のアミューズメント、「UFOキャッチャー」「ガチャガチャ」


 日本で不動の人気のガチャガチャやUFOキャッチャーをここ数年、中国でも見かけるようになりました。日本同様、若者たちに人気のある娯楽が急速に浸透しています。


UFOキャッチャー「娃娃机」


 ここ数年、キャラクターのぬいぐるみなど、さまざまなグッズのクレーンゲームがブレークしています。

 百貨店やショッピングモール、ゲームセンターだけでなく、映画館やレストラン、スーパーや地下鉄、駅などちょっとした隙間に設置され、だれでも目にすることができます。多いところでは10台以上設置され、家族連れや若者たちが楽しんでいます。

 中には、毎日のようにクレーンゲームをしている、「娃娃机のプロ」を自称する人々もいます。彼らは、経済的にもゆとりのある若者たちで、微信で成果を互いにシェアし合っているそうです。

 硬貨を利用した支払いだけでなく、微信や支付宝でのスマホ決済も可能。こうしたスマホ決算の浸透がクレーンゲームを後押ししています。


≪地下鉄の一角にあるクレーンゲームコーナー≫



≪お金をコインに代えて遊びます。スマホ決算も可能です≫



ガチャガチャは、中国語で「扭蛋」


 1980年代に誕生し、一つの産業として日本で浸透しているガチャガチャ(カプセルトイ)。日本の空港にも設置され、外国人旅行客に人気です。余った小銭の有効活用にも、玩具のクオリティの高さやお土産にもいいと評判になっているそうです。

 最近、中国でも大型プレイルーム周辺などに、このガチャガチャがたくさん設置されるようになり、人々の興味をひいています。

 取扱い玩具は、ドラゴンボールやディズニーなど、有名なキャラクターが多いです。日本語表記のままなので、日本からそのまま持ってきたことが分かります。


≪成田空港に設置されたたくさんのガチャガチャ≫



≪大型プレイルーム横に設置されたクレーンゲーム≫



≪カラオケボックスと一緒に設置されています≫



アニメ好きの若者が注目!


 アニメ好きの中国の若者たちが、キャラクターの玩具がゲットできるとして注目していますが、「なかなか国内で見かけない…」とネット上で嘆いていました。

 でも、「国内の百貨店でガチャを見つけた!」との書き込みに「どこの百貨店?」「やりたい!」といった書き込みがなされるなど、多くの若者が注目していることが分かります。これからの進展に期待できそうです。


≪有名キャラクター玩具がゲットできるガチャガチャ≫



≪中国ネット上で「ガチャガチャを見つけた!」と話題に≫


以上です。(執筆者:桜井 まき)


桜井 まき

桜井 まき
http://www.chinabusiness-headline.com/author/msakurai/

中国ビジネスヘッドライン 編集部ライター。これまで美容関連、グルメ記事や旅行関連記事など多岐にわたる記事のライティングまた、中国語翻訳に携わる。夫の仕事の関係で中国と日本を行き来する生活をはじめ、年に数か月主に中国の南方で生活している。女性ならではの視点で、今の中国を紹介する。

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録