後回しにされる患者 病院の実態に見る中国で成功するコツ


 中国社会で成功するために必要なものは何でしょうか? 実力? 運?

 これらはもちろん言うまでもありませんが、他に絶対に外せないのは「コネとカネ」です。

 今回はそのうちの一つ「カネ」について、友人の父親が病院で実際に体験したことをレポートしてみたいと思います。


友人の父親の実体験


 今回友人の70代後半の父親が、腸のヘルニアで修復手術が必要になり入院することになりました。大手術ではないとはいえ高齢に加え糖尿病もあるため、それなりの配慮が求められるところです。手術は朝一番の9時から、と言うことで筆者もお見舞いに行きました。

 医師が来て術部の体毛処理を行うため家族・付添人は病室を出るよう言われ、病室の外で待っていました。

 やがて医師は出て行ったのですが、中をのぞくと本人は体毛処理されたままの状態(下腹部から胸まで露出された状態)で寝かされています。まだ処置の途中なのかと思いそのまま皆外で待ったのですが、待てど暮らせど医師も看護師さえも戻って来ません。

 待つこと20分以上、状態も状態ですし冷えて風邪でもひかれたら大変としびれを切らせて聞きに行くと「もう処理は済んでいるので服を着せてもいい」とのこと。何と処理が終わったらそのまま放置、看護師に引き継ぎもしないまま、本人はミーティングに出ていやがったおられたのです。病人、しかも高齢者への屈辱的な仕打ちにさすがに家族も本人も怒っていました。

 で、手術室に入ったのですが、少しして麻酔医が出てきて「血圧が200を超えている。このまま下がらないようだと今日手術はできない」とのこと。結局その日は手術ができず、結局再度の延期を経て週明けにやっと手術ができるようになったのでした。

 後で聞くと、入院から手術当日まで一度も血圧を測られなかったとのこと、これでは元から高かったのか、朝の興奮が血圧を上昇させたのか、何とも判断がつきません。いずれにせよ管理がずさんすぎです。

 ではなぜこのような仕打ちを受けるのでしょうか?

 もともと「サービス」という思考のない中国では往々に起こることではあるのですが、さらに別の要素も絡んでいます。


成功の要素―「カネ」


 中国には「紅包」という言葉があります。「ご祝儀、ボーナス」と言う意味ですが、病院の場合、要するに「袖の下」です。賄賂がはびこる中国では政府も撲滅キャンペーンを行っていますが、これは病院も例外ではありません。

 今回手術室の前で紅包撲滅キャンペーンポスターを見かけました。



 要するに通報してそれが事実だと確認されれば10倍にして返してもらえるという仕組みです。ここまでやるか? という大胆な取り組みです。

 更に友人の話では、入院・手術書類の中に「紅包は受け取りません」の誓約書もあるそうで、それにも互いにサインする必要があったとのこと。ところが友人曰く、そのドクターは「今なら(サイン前だから)まだ紅包を受け取れますよ。」とあからさまに要求してきたそうです。もちろん友人は断ったそうですが。

 そう、今回のずさんな扱いは、一つにはこの家族が「紅包」を渡さなかったからなのです

 中国の病院ではこういった類の話「紅包を渡していなかった妊婦が産気づいても後回しにされた、まともに取り合ってもらえず母子ともに亡くなった」をよく耳にします。それぐらい賄賂が社会に蔓延しているということです。中国で成功、あるいはいい思いをするには「袖の下」が欠かせないという悲しい現実です。

 そういえば、中国人はよく「これからお世話になる(なりたい)人に事前に物を送る」という習慣があります。これも一つの賄賂体質の表れなのかもしれません。

 このように社会に広く蔓延している賄賂体質、「お客様は神様」的にもてなしてくれる日本に心地よさやあこがれを感じるのも仕方ないことなのかもしれません。(執筆者:高山 翔)


高山 翔

高山 翔
http://www.chinabusiness-headline.com/author/stakayama/

中国ビジネスヘッドライン 編集部ライター
日本から中国大陸へ渡り、現在福建省福州市郊外(バスで2時間)の田舎住まい。都市部での日本語教師を経て、あまりにも愛すべき中国の田舎に魅了され、中国の田舎の魅力をPRするライターを目指す。

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録