[PR]10月4日(水) 中国調達+中国部品の品質確保セミナー


中国調達とその品質でご苦労されている企業・ご担当者のための
「実践中国調達の極意と中国部品の品質確保のための設計指導ポイント」
セミナーのご案内

第一部 中国で不良品をなくすための設計指導のポイント
~即効果が出る3つのメソッド~

第二部 ワークと事例で学ぶ・実践中国調達の極意
~中国調達メリットの出し方~

■日時:2017年10月4日(水) 10:30~16:30
■会場:北とぴあ 802会議室
東京メトロ南北線・王子駅5番出口直結
京浜東北線王子駅 徒歩2分
■講師:第一部 小田 淳 先生
第二部 岩城 真 先生
■主催:KPIマネジメント株式会社
■受講料:27,000円(税込)
中国企業とWin-Win関係を構築する方法を学びませんか。
中国調達経験の浅い方にも役立つ内容が盛り沢山です。

セミナーの詳細とお申込みはこちらから
http://www.prestoimprove.com/seminar20171004.html


セミナータイトル


「実践中国調達の極意と中国部品の品質確保のための設計指導のポイント」
第一部 中国で不良品をなくすための設計指導のポイント
~即効果が出る3つのメソッド~
第二部 ワークと事例で学ぶ・実践中国調達の極意
~中国調達メリットの出し方~
セミナー詳細およびお申込みは、こちらから
http://www.prestoimprove.com/seminar20170908.html


セミナー概要


第一部 中国で不良品をなくすための設計指導のポイント(講師の言葉)


中国でのものづくりにおいて日本の設計者はよく不良品を出します。中国の技術スキルの低さにももちろん原因はありますが、実は日本の設計者にも原因があります。

1つ目は会話レベルえす。日本語検定1級の通訳と言っても会話は小学生レベルです。分かり易い日本語を話す必要があります。
2つ目は国民性の違いです。中国人は業務範囲がきっちりと分かれていてお互いに業務をカバーしません。つまりそれに対応した情報の出し方が必要です。

3つ目は製造現場の作業者のスキルに依存する工程です。年20%以上の作業者が入れ替わる製造現場においては「誰」が作業しても「同じ作業」になる工程が必要です。

私はそれらを「設計者が実践すべき即効果の出る3つのメソッドに沿って部品サプライヤーへの最適なアプローチ方法を日本の設計者に伝え、世界一流の設計者になって頂くことを目指します。

第二部 ワークと事例で学ぶ・実践中国調達の極意(講師の言葉)


ここ数年間で中国調達市場は、劇的に変化をしています。中国調達の意義を見誤るとメリットの享受どころか、大きな損失を生みます。今回は、その部分をトピックスとして特に強調いたします。

一方、社会が大きく変化しても中国ビジネスの流儀は変わりません。その流儀を知っているか否かで、ビジネスの明暗を別けるものです。誰もが「知っていれば」「一歩踏み出す意思があれば」今日から実践できる事例を紹介します。

また、好評な実践的、かつ受講者同士の多様な発想、思考をシェアできる小グループでのケーススタディを実施します。
通常のセミナーにはない新鮮かつ有意義なものになると思います。


セミナープログラム


第1部 中国部品の品質確保セミナー(小田先生) 10:30~12:30


1.中国の国民性、仕事の仕方
1-1.かぶらない業務範囲-中国人同士の連携の悪さとその対処法
1-2.自己判断、希望的観測、機能を果たせばよい~没問題
・日本人では理解できない中国人気質とその対処法
1-3.2次加工の外注は必ず確認-外注加工の重要性
1-4.日本商社が扱う中国の部品メーカー
2.誤解のない情報の伝達方法
2-1.適切な会議の進め方
2-2.誤解のないメールの出し方
2-3.会話・文章に使ってはいけない言葉
2-4.議事録、レポートの書き方
3.「誰」が作業しても「同じ作業」にする方法
3-1.治具、作業標準の大切さ
3-2.治具に対してすべきこと
3-3.治具の確認ポイント
3-4.その他の治具
第2部 中国調達セミナー(岩城先生) 13:30~16:30

0.講師のバックボーン
1.ほんとうの中国製造現場を知っていますか?
1-1.マスコミで紹介される中国、中国人と中国製造現場とそこで働く中国人は違う
1-2.マスコミには紹介されない中国製造現場のリアル
2.激安スーパーからコンビニに変化した中国製造業
2-1.「安くてあたりまえ」の時代は終焉した 工夫と苦労なしには安く買えない
2-2.それでも中国調達が続く中国調達市場の魅力とは
3.実践ケーススタディ① (サプライヤーの開拓)
事例として、ある機械産業の原価低減と中国調達を検討していただきます
・品目選定
・サプライヤー探索
・見積依頼
4.どのようにして優れたサプライヤーを見つけるか
4-1.優良サプライヤーの見分け方
5.「規範」より「現実」を判断基準にする社会
5-1.「契約を守るメリットってなんですか?」と問う思考構造の先にあるもの
5-2.公平な分配よりも取り分の絶対額に満足できるか
5-3.ヒビの入ったマグカップが流通してしまう事情
6.なぜ納期は守れられず、契約は反故にされるのか
6‐1.上司は人を管理しても仕事を管理しない文化
6-2.1%の可能性を鵜呑みにする脳天気と自己保身に徹する文化
7.実践ケーススタディ② (取引の実践)
事例として、ある産業機械部品の継続取引の交渉について検討していただきます
・品質不具合
・価格改定
・納期遅延
8.信頼関係を構築し、Win-Winを実践する方法
8-1.酒を飲むことなく一瞬で中国人の心を鷲掴みにする方法

※事例も多数ご紹介していただきます。


このセミナーで得られるもの


「中国調達セミナー」
・現場のバイヤー目線から語られる中国調達の難しさや、それらを解決した実体験を聞くことができます
・自社の中国調達のスタンスや取り組みの妥当性を確認することができます
・上記内容から中国調達方法の改善につなげる礎を得られます
・本セミナーでは、今まであまり語られなかった中国調達の実態や中国企業とWin-Win関係を構築する方法などをお話しするので、受講していただくことで、中国調達経験の浅い方にも高い実践力が身に付きます

「中国部品の品質確保セミナー」
・中国人の国民性、仕事の仕方
・中国人に対する会話の仕方、会議/メール/レポートなどの情報の出し方
・「誰」が作業しても「同じ作業」にする方法

セミナーの詳細とお申込みはこちらから
http://www.prestoimprove.com/seminar20171004.html


講師略歴


岩城 真(中国調達)


大学卒業後、重工業メーカーへ就職。本社管理部門に4年半在籍の後、産業機械部門の工場バイヤーとなり、数百トンのプラント機械から手のひらサイズの機械部品まで中国製造委託を担当。中国の取引先は、従業員1万人超の国有企業から従業員10人足らずのローカル個人企業までと、きわめて多彩かつ多数。
現在も中国の製造現場を飛び回るキャリア21年の現役バイヤー。
サーチナ社ポータルサイト中国情報局にコラム「誰も知らない中国調達の現実」を寄稿ほか、リアルな中国調達情報を現場視点から発信。
配信中のメルマガ「中国調達とものづくりの現場から」は、読者数3000名を超える人気メルマガ。

小田 淳


1987年ソニー(株)入社。放送局用・医療用モニター、会議室用プロジェクター、プリンターの商品化設計に携わる。担当はメカ設計。扱う部品は樹脂、板金、大キャストなど。
2009年上海に駐在して、日本の設計者と中国サプライヤーの橋渡し業務を行う。
日本の設計者の設計したデータで、金型製作~量産導入を行う。
2013年に帰国し、日本でも上海駐在時と同じ業務を行い、2016年に独立。
日本設計者に対して、中国で不良品を作らないため設計者としてできることを設計段階から指導する「中国部品不良ゼロ設計プロデューサー」として活動中。
KPIマネジメント(株)ディレクターコンサルタント。


根本 隆吉

根本 隆吉
http://www.prestoimprove.com/

◆ 主業務:日系中国工場の品質管理体制構築、品質改善支援。
 現場管理のキーパーソンである班長の育成研修にも 力を入れている。
駐在員が能力を発揮することを目的とした駐在員コーチングも手掛ける。
◆ 電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て、香港・中国に駐在。
 中 国においては、購入部材の品質管理責任者として延べ100社に及ぶ取引先品質指導ならびに現場改善指導に奔走。
◆2007年より現職。生産の3要素で捉えた中国工場の品質管理の問題点と指導 のポイントをテーマにしたセミナーの実施多数。外観目視検査の精度アップセミナーの講師も務める。

【寄稿者にメッセージを送る】

著書
人気コラムTOP5(24時間)


カテゴリ:時事 | 生活・習慣 | 交流・人材 | 法律 | 地域 | 業界動向 | 企業戦略 | SNS | WEB | 物作り | 訪日観光 | 経済 | ASIA


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録