中国ではモバイル決済が当たり前 微信(WeChat)決済を詳しく紹介


 多機能なスマホの普及に伴って、今ではスマホ一台で何でもできるようになりました。その一つが「お財布機能」。

 中国では今、大型ショッピングモールやコンビニだけでなく、小規模店舗や果ては露天商などの個人商店でもスマホ決済ができるようになり、もはや「スマホ決済ができないと商機を逃す」とまで言われます。今日は中国2大モバイル決済の一つ「微信(WeChat)決済」をご紹介します。

 WeChatは中国版のLINEで、SNSとして文字や音声を使ってコミュニケーションが取れるだけでなく、マイページに日記のように写真や文章をアップして友達に見てもらうこともできます。

 WeChat決済は大まかに3通りの方法がありますが、基本的な操作は簡単、相手が自分のスマホのQRコード(もしくはバーコード)を読み取るか、自分が相手のQRコードをスマホで読み取るかのどちらかでOKです。




A:QRコードスキャン


 これは事業者がWeChatに自分のアカウントをきちんと審査・登録している店舗で使われるタイプで、QRコードに商品、価格等の情報がすべて収められており、読み取るだけで支払いできるシステムです。

(1) 清算時店舗レジのPC或いは専用液晶に表示されるQRコードを自分のスマホのWeChatでスキャンします。
A-①


(2) 自動的に精算金額が表示されますので「立即支付」(すぐに支払う)をタップ。

A-②


(3) 支払うためのパスワード(銀行口座と連結する際に指定した)を入力。
A-③


(4) 完了

A-④


 という流れになります。



B:POSシステム


 これはスーパーマーケット等でよく導入されており、レジのバーコードリーダーを利用して支払います。

(1) 精算時に自分のスマホのWeChat「お財布機能」から該当ページを開くと、バーコードとQRコードが表示されます。

B-①


(2) レジ係がバーコードリーダーで読み取ります。

B-②


(3) 金額が表示されますので、パスワードを入力して確認をタップします。

B-③


(4) 終了


C:QRコードスキャン(個人バージョン)


 これは個人間でお金のやり取りをするためにデフォルトで付いているWeChatの基本機能の一つで、基本的なやり取りはAのパターンと同じです。個人商店や露天商などで、店主個人のスマホを使って支払いができます。

(1) 清算時、相手のスマホにQRコードを表示してもらい、自分のスマホのWeChat機能でスキャンします。

C-①


(2) 次の画面で支払う金額を入力し、「确认支付」(支払い確認)をタップ。

C-②


(3) 完了

C-③




 ちなみに、支払い用のQRコードは印刷もでき、画像(C-③)のようにラミネート加工して店先にぶら下げておき、支払い時に客にスキャンしてもらう個人商店主もいます。

 これだと店主は忙しい時にいちいちスマホを操作する手間も省けますし、今の若者は財布を持ち歩かずすべてスマホ決済で済まそうとするので、あまりスマホに詳しくない人や操作に慣れていない人でも商機を逃さずに済みます。

 昔ながらの市場の風景と最新のスマホ決済、何だかおもしろい取り合わせですよね。

 ちなみにちょっと前の記事ですが、こんな記事を見つけました。(タイトルは「中国旅行客の歓心を買うために、日本市場はWeChat決済を導入すべき」)

 今やほとんどの中国人が使うWeChatとWeChat決済。本当に便利で、財布も持たずスマホひとつで手ぶらで出かけられます。

 日本に来る中国人観光客は、旅行中間違いなくその様子をWeChatでアップするはずですし、さらに日本でもWeChat決済を導入できれば、確実にビジネスチャンスが広がるものと思われます。(執筆者:高山 翔)


高山 翔

高山 翔
http://www.chinabusiness-headline.com/author/stakayama/

中国ビジネスヘッドライン 編集部ライター
日本から中国大陸へ渡り、現在福建省福州市郊外(バスで2時間)の田舎住まい。都市部での日本語教師を経て、あまりにも愛すべき中国の田舎に魅了され、中国の田舎の魅力をPRするライターを目指す。

著書
人気コラムTOP5(24時間)


カテゴリ:時事 | 生活・習慣 | 交流・人材 | 法律 | 地域 | 業界動向 | 企業戦略 | SNS | WEB | 物作り | 訪日観光 | 経済 | ASIA


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録