[PR]10月7日(金) 中国調達セミナー


~ワークで学ぶ中国調達のメリットを享受するための~
「半日でわかる中国調達の極意」

契約は納期の問題など事例多数紹介!
中国調達を利益に結び付ける特別セミナー!

■日時:2016年10月7日(金) 13:30~17:30
■場所:北とぴあ 901会議室 (東京都北区王子1-11-1)
(東京メトロ南北線・王子駅5番出口直結、京浜東北線 王子駅 徒歩2分)
■講師:岩城真先生
■受講料:18,000円 (税込19,440円)

■セミナータイトル
~ワークで学ぶ中国調達のメリットを享受するための~
「半日でわかる中国調達の極意」

セミナー詳細およびお申込みは、こちらから
http://www.prestoimprove.com/seminar20161007.html

■講師の言葉
ここ数年間で、中国調達市場は、劇的に変化をしています。中国調達の意義を見誤るとメリットの享受どころか、大きな損失を生みます。今回は、その部分をトピックスとして特に強調いたします。一方、社会が大きく変化しても中国ビジネスの流儀は、変わりません。その流儀を知っているか否かで、ビジネスの明暗を別けるものです。誰もが、「知っていれば」「一歩踏み出す意志があれば」今日から実践できる事例を紹介します。

また、今回は、より実践的、かつ受講者どうしの多様な発想、思考をシェアできる小グループでのケーススタディを実施いたします。通常の講習会にはない新鮮かつ有意義なものになると思います。

■セミナープログラム
1.講師のバックボーン
2. ほんとうの中国製造現場を知っていますか?
2-1マスコミで紹介される中国、中国人と中国製造現場
とそこで働く中国人は違う
2-2 マスコミには紹介されない中国製造現場のリアル
3. 激安スーパーからコンビニに変化した中国製造業
3-1「安くてあたりまえ」の時代は終焉した
工夫と苦労なしには安く買えない
3-2 それでも中国調達が続く中国調達市場の魅力とは
4.「規範」より「現実」を判断基準にする社会
4-1「契約を守るメリットってなんですか?」と問う思考構造の先にあるもの
4-2 公平な分配よりも取り分の絶対額に満足できるか
4-3 ヒビの入ったマグカップが流通してしまう事情
5. どのようにして優れたサプライヤーを見つけるか
5-1 優良サプライヤーの見分け方(データ編)
5-2 優良サプライヤーの見分け方(工場編)
6. なぜ納期は守られず、契約は反故にされるのか
6-1上司は人を管理しても仕事を管理しない文化
6-2 1%の可能性を鵜呑みにする脳天気と自己保身に徹する文化
7. 信頼関係を構築し、Win-Winを実践する方法
7-1 酒を飲むこともなく一瞬で中国人の心を鷲掴みにする方法
8. 実践ケーススタディ - サプライヤー開拓ワーク
スケジュールの策定 / サプライヤーの探索方法
見積依頼と試作依頼の方法 / 工場訪問

中国での業務経験豊富な講師がいろいろな事例を紹介しながら話をします。

■本セミナーは、このような方々を対象としています。
講師のバックボーンである産業機械、個生産微量生産、中小企業が、ドンピシャかもしれませんが、広範囲な業種の方にも十分に価値ある講義です。また、調達部門に限らず生産技術、品質管理部門にも有益です。職位は、入社数年からマネージャー、経営層までが対象です。

セミナー詳細およびお申込みは、こちらから
http://www.prestoimprove.com/seminar20161007.html

■講師略歴
重工業メーカーにて産業機械部門の工場バイヤーとして数百トンのプラント機械から手のひらサイズの機械部品までの中国製造委託を担当。中国の取引先は、従業員1万人超の国有企業から従業員10人たらずのローカル個人企業まできわめて多彩かつ多数。現在も中国の製造現場を飛び回るキャリア21年の現役バイヤー。サーチナ社ポータルサイト中国情報局にコラム「誰も知らない中国調達の現実」を寄稿、リアルな中国調達情報を現場視点から発信。


根本 隆吉

根本 隆吉
http://www.prestoimprove.com/

◆ 主業務:日系中国工場の品質管理体制構築、品質改善支援。
 現場管理のキーパーソンである班長の育成研修にも 力を入れている。
駐在員が能力を発揮することを目的とした駐在員コーチングも手掛ける。
◆ 電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て、香港・中国に駐在。
 中 国においては、購入部材の品質管理責任者として延べ100社に及ぶ取引先品質指導ならびに現場改善指導に奔走。
◆2007年より現職。生産の3要素で捉えた中国工場の品質管理の問題点と指導 のポイントをテーマにしたセミナーの実施多数。外観目視検査の精度アップセミナーの講師も務める。

【寄稿者にメッセージを送る】

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録