爆買いされた福袋はどのように転売されているのか? 調べてみた


 日本で新年の初売りといえば福袋。大勢の中国人による爆買いが話題になっていますが、どこで転売するのでしょうか? いったいいくらくらいで売れるの? と気になるかもしれません。

 手に入れた福袋は、インターネットで転売されています。もちろん店頭で販売(転売)もされているのは言うまでもありません。サイト上では、「日本直売!」、「日本代理販売」という文字が目立ちます。

 手に入りやすいからか、レディースの福袋の販売が人気のようです。福袋の中身がどんなものだとしても、中国国内の製品より日本製品の品質がいいので安心して買える、という信頼性があります

福袋1

≪インターネット上で様々な福袋が転売されています≫


 実際にどれくらいの値段で販売されているか見てみました。

 一般的な福袋の場合、1万800円(人民元19円のレートで約568元程度)の福袋は、1万2160円(640元)。高く売られている福袋は「プレミアムマイメロトート」2万7000円が1620元+送料210合計1830元(約3万4770円)で販売されています。送料が意外と高く、ほかの商品は10元~20元程度ですが、福袋は100~260元かかります。

福袋2

≪マイメロディやキティなど日本の人気キャラクターを狙って福袋の販売をしています≫


 一見そんなに儲けが出ていないように感じます。でも、売上には人民元と日本円のレートも関わってくるので一概には言えません。

 例えば、2015年夏一番良かった時期の人民元のレートは、1元20.2円です。2016年1月現在のレートは約17.7元。レートが20.2円の時に人民元を日本円に替えると1万800円は約534元。1万800円で福袋を買って、17.7円のレートで日本円を中国元に替えると約617元。差額は約83元。すでに儲けが出ています。

福袋3

≪手に入れた福袋の画像。かなりの数を購入していることが分かります≫


 正月に福袋を買うために朝早くから長蛇の列に並んで、人にもまれながら福袋をゲットするのは、日本人にとっては一大イベント。でも中国では、日常です。病院は朝から3時間待ってお昼頃に医者に診てもらったり、スーパーでも割り込みを防ぎながら列に並んで買い物をする、電車のチケットを買うだけでも1時間行列に並ぶ…。わざわざ日本に行って福袋を買うために並ぶのは大変なことでもなく、中国人にとってはいつもしていることなのです。

 日本市場で販売される品質のいい信頼できる日本製品を安く購入できるならなおさら日本に行く価値があるといえるでしょう。(執筆者:桜井 まき)


桜井 まき

桜井 まき
http://www.chinabusiness-headline.com/author/msakurai/

中国ビジネスヘッドライン 編集部ライター。これまで美容関連、グルメ記事や旅行関連記事など多岐にわたる記事のライティングまた、中国語翻訳に携わる。夫の仕事の関係で中国と日本を行き来する生活をはじめ、年に数か月主に中国の南方で生活している。女性ならではの視点で、今の中国を紹介する。

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録