留学先選び これが中国人の本音


中国の影響力が世界的に大きくなっている昨今ですが、今でも日本に留学する中国人留学生がたくさんいます。どうして彼らは、日本へ留学するのでしょうか。


時代とともに留学生も変化



約10年前、日本に留学している中国人留学生の多くは、政府からの奨学金を受け取れた国が将来を託したいと思った優秀な学生、もしくは親族・友達からお金をかき集めてやってきた勉強がどうしてもしたい人たちでした。しかし、中国の経済発展に伴い、ここ数年日本に留学する学生の様子が変化しています

もちろん、今でも国の奨学金をもらって留学する人たちがいます。しかし、一般の人たちで子どもの教育のためにある程度のお金を用意することができる人たちが増えました。そのため、自費で留学する留学生が増えています

中国の人が行きたい、もしくは子どもに行かせたい留学先上位は、アメリカ・オーストラリア・カナダ・イギリスなどの英語圏、ドイツ・フランスなどのヨーロッパ、そしてアジアでは日本があげられます。

数年前までは、韓国も人気の留学先に含まれていたのですが、韓国経済の先行きへの不安から、多くの人たちが韓国を留学の対象から外すようになっています。


「日本」を選ぶ理由



行きたい・行かせたい留学先の上位は、中国から遠い国々です。どうしても、多額の費用が必要となります。しかし、国際共通語である英語が堪能になれる可能性が高いため、将来性があると思う人や、大学卒業後も現地に残ることができれば、永住権を取りやすい国も含まれているため、少々の費用がかかっても留学したいと思う人も少なくありません。

しかし、自費で子どもを留学させることができる家庭が増えたとはいえ、子どもに海外留学させたいが、できれば費用を安くおさえたいと思っている人たちも少なくありません。そのため、移動距離が近い分、費用を安く抑えることが可能な日本は人気のある留学先です。

では、どんな目的で日本への留学を希望するのでしょうか。

国際的に認められている日本の技術力を勉強したいと思っている人もいますし、日本の歴史や文学に興味があるという学生もいます。もちろん、アニメや漫画の影響を受けて日本留学を希望する人も少なくありません。

しかし、中国では有名な大学に行く学力がないから、という理由で留学を希望する人も少なくありません。留学経験や、日本語が話せるようになれば、将来いい就職ができる可能性があるに違いない、と考えています

実力よりも、学歴が優先される社会に対応するために、親元を離れ、文化や言葉がわからない異国に放り込まれる学生たちが、日本で純粋な心を持って勉強に励んでくれることを願ってやみません。(執筆者:大西 秀明)


<日本留学を紹介するパンフレット 引用元:http://www.nipic.com>


大西 秀明

大西 秀明
http://www.chinabusiness-headline.com/author/hohnishi/

編集部ライター
ちょっとスパイスの効いた人生をかなえようと、2008年より中国・広東省在住。人間味あふれる中国の人たちとのコミュニケーションを楽しむ日々。中国での業務経験からの情報を交えつつ、今の中国を支える人たちから見る中国世相について、お伝えしていきたいと思います。

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録