中国工場の従業員教育 作業者教育で管理者を鍛える


 弊社では中国工場の指導先の多くで従業員教育を行っていますが、作業者に直接的に教育することはあまりなく、現場の管理者や検査員に対して行います。

 しかし、より良い工場になるためには、最終的には作業者のレベルを高めることが必要です。ここで言うレベルとは、「作業のスキル」、「品質意識」、「品質知識」のことです。そのためには、やはり作業者に対する教育が必要です。

 今回は、作業者への教育について弊社のやり方、考え方をご紹介したいと思います。


作業者への教育のポイント



 中国工場では教育にも順番があると言いました。先ずは管理者を教育します。次に作業者への教育をするのですが、そのタイミングとしては、管理者の意識に変化が見て取れるようになった段階で実施するのがよいでしょう。

 なぜかと言うと、管理者たちに作業者教育の先生をやってもらうからです。自分が実践できていないことは、人に教えることはできません。自分が受けた教育の内容を理解してくれば、それが仕事や態度に出てきますので、わかります。

 教育では、「教育は教える本人が一番勉強になる」とよく言われます。これは、みなさんも経験があるのではありませんか。先生をやる管理者が一番勉強になるのです。ですから、管理者が先生役をやることで、管理者のレベルを一段高めることにつながります。

 前回も書きましたが、弊社で実施する教育は、基本を重視しています。工場で当たり前に行うことを当たり前にできるようにすることを目指しています。作業者に対してもこれは同じです。

 教育の内容としては、次のことを行っています。
・作業方法など仕事に必要なスキル
・品質管理の基礎知識(良品と不良品の区分、不良品の処置方法を含む)
・品質に対する考え方
 これらを順番に教えていきます。

 一通り教えたらまた最初から同じことを教えます。難しいことを教えるよりも、最低限必要なこと、基本的なことを繰り返し教育するのがポイントです。なぜかと言えば、一度聞いたくらいでは覚えないからです。これは人間みな同じですね。(執筆者:根本 隆吉)


根本 隆吉

根本 隆吉
http://www.prestoimprove.com/

◆ 主業務:日系中国工場の品質管理体制構築、品質改善支援。
 現場管理のキーパーソンである班長の育成研修にも 力を入れている。
駐在員が能力を発揮することを目的とした駐在員コーチングも手掛ける。
◆ 電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て、香港・中国に駐在。
 中 国においては、購入部材の品質管理責任者として延べ100社に及ぶ取引先品質指導ならびに現場改善指導に奔走。
◆2007年より現職。生産の3要素で捉えた中国工場の品質管理の問題点と指導 のポイントをテーマにしたセミナーの実施多数。外観目視検査の精度アップセミナーの講師も務める。

【寄稿者にメッセージを送る】

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録