中国工場はキーパーソンである現場管理者への教育が大事



 弊社は中国工場の品質管理・改善の支援をやらせていただいていますが、その中には従業員教育を含めており、必ず実施します。教育の対象者は現場の管理者や検査員とし、作業者に直接教育をすることはありません。

 なぜ教育の対象を管理者や検査員にしているかと言いますと、教育の効果を最大にするためです。弊社は、「工場のQCDを支えているのは、現場の管理者」という考えを持っています。つまり現場の管理者が、品質を確保するためのキーパーソンなのです。

 キーパーソンである彼ら彼女らの意識を変えることが必要かつ重要なのです。管理者の意識が変わらなければ、作業者の意識を変えることはできません。日々工程の作業や作業者を監督し指導しているのは現場管理者ですから、彼ら彼女らの意識が低いままでは、作業者が変わるはずがありません。

 他の理由として、作業者は入れ替りがありますが、管理者はそれに比べると定着率が高い傾向にあるので、継続した教育ができることがあります。もし、現場管理者の定着率が低い場合、その工場は別の意味で危ない工場と言えます

 いろいろな工場で管理者教育を実施してわかったのは、現場の管理者たちは体系的にきちんと教育をされたことがないということです。品質管理の言葉は知っているものの、その本当意味を理解していないのです。また、なぜさまざまな管理が必要なのか、その理由をわかっていないのです。

 実施する教育の内容は、基本を重視しています。工場で当たり前に行うことを当たり前にできるようにすることを目指しています。この当たり前のことが出来ていないのが、中国工場の現実だからです。

 教育の内容としては、次のことを行っています。
・工場の基本的な管理のこと
・品質管理の基礎知識
・品質に対する考え方
・自分たちの役割の再認識
 先ずは、これらの内容を管理者たちにしっかり身に付けてもらうことが大事なことです。管理者を教育し意識を高めることが作業者を教育するための下地になります。

 作業者への教育が必要ないと言っている訳ではありません。弊社では中国工場の品質改善には取り組む順序があると常々言っています。同様に教育にも順序があると言っているのです。(執筆者:根本 隆吉)


根本 隆吉

根本 隆吉
http://www.prestoimprove.com/

◆ 主業務:日系中国工場の品質管理体制構築、品質改善支援。
 現場管理のキーパーソンである班長の育成研修にも 力を入れている。
駐在員が能力を発揮することを目的とした駐在員コーチングも手掛ける。
◆ 電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て、香港・中国に駐在。
 中 国においては、購入部材の品質管理責任者として延べ100社に及ぶ取引先品質指導ならびに現場改善指導に奔走。
◆2007年より現職。生産の3要素で捉えた中国工場の品質管理の問題点と指導 のポイントをテーマにしたセミナーの実施多数。外観目視検査の精度アップセミナーの講師も務める。

【寄稿者にメッセージを送る】

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録