日本と中国は、もっと近づける! ~2014年の訪日数から見た中国人観光客の動向と展望~前編


 2014年の訪日外国人は、年初の予想を大きく上回り、1340万人を超えました。その中でも、最も伸びが顕著だったのが、中国人観光客です。

 尖閣問題の影響を受けて伸び悩んだ中国マーケットも、2013年9月からは一転、17ヵ月連続で各月の過去最高を記録し、昨年・2014年は、前年183%増の241万人となりました。

 今年に入って、ますますマーケットが活発化しており、おそらく、2015年末には、300万人の大台に手が届く状況であり、韓国、台湾を抜いて国籍別で1位になることが期待されています。その背景には、下記の好材料があります。

第1に、ビザ政策の好転(特に、FITビザの緩和)
第2に、円安効果や免税制度改定による日本ショッピング人気
第3に、中国旅游法効果による日本旅行ブーム(2013年10月施行開始)
第4に、2020年の東京オリンピックに向けての活発なインバウンド誘客政策(インバウンド関係予算の拡大)
 以上に加えて、将来展望も明るく、2020年には、中国人観光客数は、国が掲げている訪日全体目標2000万人の35%にあたる700万人に達すると予測しています。




今後も中国人観光客の増加が予想される2つの理由


 その裏付けとして、2つの理由が考えられます。

1. 政治情勢と観光面の関係性の希薄化


 まず、1つめは【日中政治情勢の影響による不安材料が払しょくしたこと】です。

 直近2~3年で、『中国国民と政治(共産党)との関係』が激変し、政治主導から国民主導となったため、今後、例え日中の政治情勢が悪化しても、観光面や文化面に悪影響が及ばなくなっています

2. ポテンシャルの高さ


 そして、2つめは【ポテンシャルの高さ】です。

 中国の人口は13億6千万人です。2014年の来日数は240万なので、まだ全人口の0.18%にすぎません。2020年の700万人でも、全人口のわずか0.5%にしかなりません。

 ちなみに、台湾からは昨年283万人が日本を訪れました。その数は、なんと全人口の12%にあたります。韓国も同様に全人口の6%弱が日本を訪れています。大変ありがたいことですが、さすがに、今後大幅に伸びるマーケットとは考えにくいといえるでしょう。

 この【ポテンシャルの高さ】には、別の見方がありますが、長くなりましたので、後編でお伝えしたいと思います。(執筆者:近藤 剛)


近藤 剛

近藤 剛
http://www.friendlyjp.com

株式会社フレンドリージャパン 代表取締役
1987年 早稲田大学商学部卒業。1987年~2009年 ANAセールス株式会社に22年間在籍。ANAセールス在籍中に、上海駐在・訪日旅行事業・海外旅行事業等々、幅広い経験を経て、 2009年に、株式会社フレンドリージャパンを設立致しました。上海駐在時に築いた中国国内旅行社のネットワークを活かし、BtoB戦略による中国人FIT顧客誘致促進をサポート致します。
BtoB販促冊子【壹游日本】年4回発刊。2012、2013年東京観光財団(TCVB)の中国アドバイザー就任。

【寄稿者にメッセージを送る】

著書
人気コラムTOP5(24時間)


カテゴリ:時事 | 生活・習慣 | 交流・人材 | 法律 | 地域 | 業界動向 | 企業戦略 | SNS | WEB | 物作り | 訪日観光 | 経済 | ASIA


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録