中国の定年退職年齢(男性60歳、女性50歳)に改正の動き


 周知の通り、中国での定年退職の年齢は男性60歳、女性50歳、幹部クラスの女性は55歳です(関于企業職工“法定退休年齢”涵義的復函)。

 なお、中国における定年退職年齢は日本のような、「就業規則に定めれば年齢を理由に退職させることができる年齢」ではなく、「退職させなければならない年齢」と考えられています(明確な条文はありませんが、中国での学説では一貫して、このような解釈が支持されています)。これは、中国国民全員が定められた時間働き、定められた年齢には退職するという計画経済期の思想が未だ残存しているためと思われます。


定年の現状と法の下の平等


 しかし、今の中国で50歳以上の女性が働くことができないということは実態に合っていません。多くの企業は「幹部クラスの女性」の定義が法律上されていないのをいいことに、50代の女性を係長クラスにして、「幹部」ということで女性の定年を55歳まで事実上引き延ばしているのではないでしょうか。

 ところで、この中国の定年年齢は、中国憲法第33条第2項の「法の下の平等」に反するのではないかという議論が多くの学者からなされてきました。しかし、今まで中国の定年退職の年齢が改正されることはありませんでした。

 もっとも、中国の「法の下の平等」は、「法適用の平等」のみを指し、「法内容の平等」は含まないとされています。つまり、「関于企業職工“法定退休年齢”涵義的復函」を男女に平等に適用した結果、定年年齢に差が出たというだけで、中国での「法の下の平等」に反するとは言えません。残念ながら中国には、中国の政府解釈を分かっていないと思われる意見が多くあります……。


定年制度の改正へ


 さて、そんな中国の定年退職に関する年齢ですが、ついに改正される動きが見られました。

 中国社会科学院人口与労働経済研究所がした政策提言によれば、女性のうちの幹部と幹部以外の差をなくし2017年には女性の定年退職年齢は全て55歳とし、2018年から女性の定年退職年齢は3年毎に1歳繰り上げ、男性の定年退職年齢は6年毎に1歳繰り上げ、2045年には男女とも65歳定年にするべきとしています。

 さらに、定年年齢前の退職、定年年齢後の退職など弾力的な制度の導入も採用すべきとしています(筆者は『北京晩報』2014年12月25日付2面で確認)。

 まだ中国社会科学院が政策提言しただけで、不確定要素が多分にありますが、法理論上は50歳以上の女性(現場の多くは55歳)を「働かすことができない」制度である以上、気にしておきたい報道です。

 なお、今回の中国社会科学院の政策提言の理由には、「男女平等」の視点は全くなく、単に「高齢社会で老人数が増えているため」としています。(執筆者:高橋 孝治)


高橋 孝治

高橋 孝治
http://ameblo.jp/takahashi-chinese-law/

法律諮詢師(中国政府認定法律コンサルタント)
日本文化大学卒業・学士(法学)。法政大学大学院修了・会計修士(MBA)。都内社労士事務所に勤務するも中国法の魅力にとりつかれ、勤務の傍ら放送大学大学院修了・修士(学術)研究領域:中国法。後に退職・渡中し、中国政法大学博士課程修了・法学博士。中国法研究の傍ら、中国法に関する執筆・講演などを行っている。特定社労士有資格者、行政書士有資格者、法律諮詢師(中国の国家資格「法律コンサル士」。初の外国人合格)。出演テレビ番組に「月曜から夜ふかし」、「一虎一席談(中国・香港で放送)」。著書に『ビジネスマンのための中国労働法』(単著・労働調査会、2015年)、『中国年鑑2016』(共著・中国研究所(編)、「治安・犯罪動向の章」担当。明石書店、2016年)ほか。「高橋孝治の中国法教室」を『時事速報(中華版)』(時事通信社)にて連載中。詳しくは「高橋孝治 中国」でWEBを検索!

【寄稿者にメッセージを送る】

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録