中国富裕層への自社ブランド認知には「高級展示会への出店」が有効


 中国は、今や世界高級品市場のお得意様となり、2013年の中国人の高級品消費が1,020億ドルで、これは世界の47%と半数まで上り詰めようとしています。また、その消費場所は中国国内で280億ドル、海外で740億ドルと依然として海外志向は変わりません。

 今、世界では、中国富裕層に向けて高級品ビジネスをする方は大変多いでしょう。ですから、高品質・高価格・高性能のものは溢れています。

 知り合いの中国人が来たとき、銀座に連れていくと、中国でも名の知れた有名ブランド、また、もともと知っていたブランドのショップにばかり入って行きます。どんないいものが置いてあってもブランドを知らなければ、通り過ぎてしまうことが多いのです。

 大切なのは、いかに中国富裕層にブランド名と特徴を知ってもらうかです。この条件で最適な宣伝方法の一つに、中国での大規模な展示会に出展することが挙げられます。地に足が付いてる感を出すならこれはお勧めの方法です。

 またブランド力を磨くなら、もちろん高級品のみが揃う展示会ですよね?

 高級展示会に出すメリットは、

(1) 富裕層にその商品・サービスを覚えて貰う
(2 ) 現地メディアを通して一般人の地名度もあがる
(3) マーケティングができる
(4) 中国ビジネスマンとのマッチングの機会
 など様々にあります。

 さて、今年も10月10日から14日まで北京で富裕層向けイベントが開催されます。この北京耀莱高級品ブランド文化展示会(略称:耀莱高級品展示会)は中国商務部にて唯一正式に認可された高級品展示イベントであり、中国ヨーロッパ国経済技術協力協会及び耀莱グループにて運営される最も有名な展示会です。

 出展されるものは様々ですが、特に人気があるのは、高級車、ジュエリー、オーディオ、ワイン、その他食料品であり、招待されるのは、個人セレブ、企業幹部とエリート、国際的に活躍する芸能人商会、協会、ポロクラブ、高級クラブなどのVIP会員銀行のブラックカード/ゴールドカード保有者、銀行のプライベート顧客高級マーケット(財団)、ブランドエージェント、 小売顧客(オーナー、高額品販売主など)その他(メデイア、ブランド出展企業など)といったようなメンツ。

 来場目的は以下の通りで、販売も可能な展示会ですので、高級車をその場で購入するセレブから、ビジネスを探しにくる現地人までいます。
  
  出店する展示会を見定めるポイントとしては、見学です。その現場に行けば、その場の雰囲気、マーケティングはつかめるであろうし、そこが戦うフィールドかどうか分かるわけです。特に大きな展示会になると出展費が一番のネックだと思いますので、見学のみの参加費は無料の展示会もあるので(今回ものそうです)出展前に下見をしてからの判断をお勧めします

富裕層向けイベント


 ちなみに、弊社は主催者側の日本窓口として去年もこの展示会に参加しましたが、100社もの中国メディアが来ていました。

 中国富裕層に貴社のブランド名と特徴を知ってもらう手段として展示会への出店を検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:夏川 浩)


夏川 浩

夏川 浩
http://www.brisian.co.jp/

ブリジアン株式会社 代表取締役。
北京出身、中国系日本人。千葉大学工学部卒業後、一部上場IT企業と一部上場印刷会社で国際営業に従事、中国において政府・メディア・企業経営者等に幅広い人脈を持つ。
2011年にブリジアンを設立、新華社・CCTV・瑞麗をはじめ中国の多くの大手国営メディアと提携し、日本企業の中国でのプロモーションやマーケティングをトータルでサポートしている。特に中国富裕層に対するアプローチを得意とし、日本への誘致や中国での高額品販売イベント・富裕層パーティーなどを手がけ、多くの成功事例を作る。
2014年には国際医療交流コーディネーターとして認定され、日本の最先端医療を求める中国人患者に円滑な渡航を支援している。
ブリジアンは日本国内において中国富裕層の集客から来日後の対応など、ワンストップで対応できる業界の第一人者である。

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録