参加者4万人!タオバオ10周年記念式典に行ってきました。


超人気歌手のコンサートを押しのけて開催


  2013年5月10日に中国杭州で行なわれた、タオバオ10周年記念式典に参加してきました。黄龍体育中心という大きな競技場で行なわれた式典には、4万人近くが参加したと言われています。

  それだけでもびっくりですが、さらに驚きのエピソードがあります。本来はこのイベントの翌日に台湾歌手の王力宏のコンサートが予定されていたようなのですが、タオバオの10周年式典と重なるということで、コンサートを後に延期させてしまったようです。今のアリババグループの勢いを象徴するかのようなエピソードですね。

タオバオ10周年記念式典


  今年でCEOを退任する馬雲(ジャック・マー)の独唱というサプライズからスタートした式典は、多くのアリババ関係者による出し物を経て、夜22時に新しいCEOのスピーチを以って終了。まるで歌手のライブのようにショーアップされた会場は、どの出し物も本格的で、アリババの人材はホントに多才だと感じます。

  何よりも圧倒されたのが参加者の数。4万人近くといわれていますが、これは所詮タオバオ・アリババに関係する一部の人たち。ホントに競争の厳しい世界だと、改めて痛感しました。また、私は馬雲のスピーチを生で聞いたのは始めてだったのですが、すごいオーラですね。かなり距離はあったのにも関わらず、ものすごいパワーを感じました。

馬雲(ジャック・マー)の独唱


中国ECの父、今後の野望は”偽物退治”に”物流構築”も。


  そんな馬雲ですが、今季を持ってCEOを退任して会長職に就任する予定です。先日、CEOとしては最後の記者会見に望み、中国公安省や国家知的財産権局など中央政府の5機関と連携して偽物流通の取り締まりを強化すると発表しました。社内に専門の対策チームを発足させ、ニセモノ退治に取り組むようです。

  また、「中国国内で24時間以内での商品配達が可能になる物流網を完成させる」という野望も発表しています。第1弾として1,000億元(160億8,000万ドル)を投じて、今後8年から10年後の完成を目指すそうです。

  現在、中国の宅配業界は玉石混合です。もちろん5年前にくらべるとサービスレベルは数段上がってきていますが、まだまだ日本に比べるとサービスが充実しているとはいえません。もちろん、日本に比べて国土が圧倒的に広い中国ですから、各地域間を結ぶ物流がなかなか統一できないのは無理もないことですが、馬雲(ジャック・マー)氏の圧倒的な資金力とユニークな手法で、中国の物流業界の革命をおこしてくれることを期待しています。

  まだまだ課題も多い中国EC、一層身軽な立場となった”中国ECの父”の今後に注目です。


浅野 潤

浅野 潤
http://www.sales-in-china.jp/

浅野 潤
セールスインチャイナ株式会社 代表取締役

上海在住暦12年、2007年よりタオバオ・天猫への日系企業進出をサポートする事業に従事し、2013年春現在、約30店舗の日系天猫店舗を運営するセールスインチャイナ株式会社の創立者。
中国での通販店舗の運営(商品の輸入、倉庫保管、商品撮影、カスタマーサービス、出荷管理、プロモーション施策)などをトータルでサポートしている。

タオバオ・天猫進出希望の方はこちら

【寄稿者にメッセージを送る】

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録