中国SNS活用情報-ドン・キホーテが人人網公式ページ開設


  4月26日に、日本全土展開しているディスカウントストア大手のドン・キホーテ社の人人網公式ページがオーブンしました。

ドン・キホーテ


  ドン・キホーテ社は一年前にミニブログ(新浪微博)の公式アカウントを作って中国本土向けのWebマーケティングを開始しています。プロ視点で投稿した商品の紹介や、オンラインイベントなどで大きな反響が得られました。まだ中国進出していないのに、この約1年間でフォロワー数が6万人以上にのぼり、ミニブログ展開中の日系企業の中でもなかなかの好調だと思います。

  ただ、ミニブログは即効性がある情報の拡散効果が認められているようですが、単純に商品を紹介したり、イベントで景品をバラ撒いたりするだけ。なかなか企業イメージ、企業理念を中国のユーザーに伝えられず、結果、「ミニブログのフォロワーは景品だけに興味があるのではないか?企業ブランドそのものに興味はあるのか?浸透しているのか?」という課題をずっと担当者は抱えていました。

  そこで、この課題を解決するために人人網公式ページをスタートしました。

  「自社の歴史や文化、コンセプト、ビジネスモデル、独特な店舗管理方法、中国人店長のもとで日本人が働く店舗のエピソード、そのほかどんな人が働いてるかなど、ドン・キホーテには面白い裏話や秘話がたくさんある。それらを豊富な写真、ライティングを駆使して中国人ユーザーに届けたい。」

  ドン・キホーテ社の担当者だけでなく、他の取引先担当者も皆さん、自社の商品やサービスを宣伝するだけにこだわっていなくて、日本の文化や伝統をより多くの中国のユーザーに知ってもらいたいし、日中関係に何かいい風を吹かせたいという熱い気持ちをもっています。

  ポイントは、ミニブログで情報拡散し、人人網では詳細コンテンツを紹介すること。これから、日本企業が中国市場を攻略する際に参考できるモデルケースにしていきたいと考えています。


魯 沛明

魯 沛明
http://www.webstaff.jp/renren

ウェブスタッフ株式会社
在日中国人を対象としたコミュニティーサイトでは最大となる「小春網(旧小春日本留学)」(会員数43万)のシニア管理者。複数の中国人向けコミュニティーサイトや訪日外国人向け多言語サイトを構築・運営し、Webマーケティングの専門家として日中ビジネスのブリッジ役を担っている。

【寄稿者にメッセージを送る】

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録