中国人部下に尊敬される日本人上司、そっぽを向かれる日本人上司




中国人部下のマネジメントに明暗


  中国に進出している日系企業の日本人管理職に話を聞くと、よく中国人部下のマネジメントに対する悩みを聞かされることがあります。特に、中国人部下の仕事ぶりに対して不満を感じている日本人管理職は少なくありません。

  中でも私がよく聞くコメントとして、

「中国人はちゃんとやってくれない・・・」
「中国人は判っていない・・・」
「中国人は信用できない・・・」

  といった「中国人だから・・・(ダメだ)」という意見が目立ちます。加えて昨今の日中関係の悪化を受けて「中国人はそもそも日本人の上司の下で働きたくはないのではないか・・・」、「日本人が中国人を使いこなすのは無理ではないか・・・」という心配の声も聞こえるようになりました。

  では中国人のマネジメントが上手くいかないのは「上司が日本人だから」という理由でしょうか?もちろんそんなことはありません。

  私は中国で中国人部下に尊敬される日本人管理職の方に多く出会っており。中には中国語が一言も話せないのに中国人社員に敬愛され、人事異動で中国から去るときに中国人社員が一斉に悲しむという総経理もおりました。

  一方で中国人のマネジメントは全く上手くいかず、冒頭のように上海の飲み屋で中国人に対する愚痴をこぼす日本人管理職が多いのも現実です。このような方々の話を聞いていると、どうも以下のセリフが良く出てくることに気づきました

・「日本のやり方・・・」
・「本社の方針は・・・」
・「・・・すべきだ」

  中国人部下の立場に立つと、こんなことを言う日本人上司は彼らの目にとって「本社の伝言役、自分の意志を持たないただのメッセンジャー」としか映りません。中国人にとってこのような上司は自分のキャリアを託すにはあまりにも頼りなく、仕事は適当にこなしてサッサと転職したほうが自分のために良いと判断してしまいます。

中国人に尊敬される日本人上司の特徴


  では中国人に尊敬される日本人上司の特徴はどんなものでしょうか?私が良く聞くセリフとして、

「(私は)こうしたい」
「(私は)みんなにこうなってほしい」
「(私は)将来こんな会社にしていきたい」

  共通点として主語には必ず自分が入っており、自分が組織のリーダーとして振舞っているということです。しかも現状の課題を認識しつつ将来のビジョンを語る力を持っており、部下に明るい未来を見せています。このような日本人上司は中国人の部下から見て「頼れるリーダー」であり、「この人について行けば会社も大きくなり、将来自分にも良いことがある」と考えて一生懸命仕事に取り組みます。

  中国人は組織への帰属意識が弱いと言われますが、実はリーダーという個人に対する帰属意識は日本人以上に強く、それこそ「これは」と思ったリーダーに対しては自分の人生の全てをかけてでも付いていく事があります。日本人に好まれる「三国志」のもこのような事例は数多く出てきており、歴史的に見ても中国人は良くも悪くもリーダーに左右されております。

  もし、あなたが中国人部下をうまくマネジメントしたいなら、役職や権限を一度脇において自分自身を表に出して中国人部下にぶつけてみてはいかがでしょうか?

  尊敬されるリーダーになった場合、もはや日本人も中国人も関係ありません。たとえ日中関係が悪化しても、中国人部下は「日本は嫌いだが、○○さんは別だ、あの人は素晴らしいリーダーだ」と全力であなたを支えてくれるでしょう。


孔 令愚

孔 令愚
http://www.alue.co.jp/

アルー株式会社 中国企画室所属
中華民国(台湾)籍、埼玉大学工学部卒、日本大学大学院グローバルビジネス研究科修了現在はグローバル人材開発コンサルタントとして中国を中心としたアジア各国で、企業の人材育成における戦略立案から実行まで一連の業務に従事。また、中国における現地社員育成のプログラムを開発し、自ら講師としても中国の現地社員育成に携わる。中国人の両親を持ち、日本で35年以上過ごしているため、日中双方の言語のみならず、価値観とメンタリティと理解しているのが強みである。

【寄稿者にメッセージを送る】

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録