中国有名知財事件「iPad」「クレヨンしんちゃん」に学ぶ最新知財事情及び日本企業が取るべき対策セミナー


 ~日本企業は過去事件から何を学び、どのような準備、対抗策をとれば良いのか?~

好評だった前回に続き、2回目を開催致します。

今回は中国知財の専門家である弁理士の鈴木康介先生をお招きし、中国有名知財事件を時系列にひも解きます。原因、状況、問題点、日本企業が取るべき対策や注意点をお伝えます。中国でビジネス展開する日本企業が最低限知っておくべき内容を2時間にコンパクトにまとめます。

iPad事件とは アップル社は「iPad」の商標権を中国以外の国で取得していたものの、中国では手違い等で取得していなかった為、中国での商標は唯冠科技という会社が保有してしまった為、アップル社は「iPad」の商標権を取れずにいる。アップル社がプロビュー社のiPadの中国商標を侵害していると訴えられています。iPadは中国国内で製造されているため、iPadが発売できなくなる可能性もある事件です。これは、契約のチェックによっては、防げたかもしれません。

クレヨンしんちゃん事件とは 日本の漫画(双葉社)にも関わらず、中国は先願主義の為、中国企業に商標権を取られてしまった。一度は行政訴訟で敗訴した双葉社だったが、先般、民事裁判で双葉社が商標権を有する判決が下された極めて異例なケース。しかし、森伊蔵は取り消すことができませんでした。その違いは何処にあるのでしょうか?


【プログラム】(約120分)

1. 「iPad事件」から学ぶ
 (1)「iPad事件」の経緯
 (2)proview taiwanとの争い
 (3)商品販売前の必要事項とは
 (4)属地主義
 (5)マドリットプロトコルとは
 (6)中国での商標購入時の注意事項
 (7)アップル社はどうすれば良かったのか?今後日本企業が取るべき対策は?

2.「クレヨンしんちゃん事件」から学ぶ
 (1)「クレヨンしんちゃん事件」の経緯
 (2)中国で商標を取られてしまった場合に取るべき対応策
 (3)著作権と商標権の持ち主が異なる場合 
 (4)双葉社はどうすれば良かったのか?今後日本企業が取るべき対策は?

3.その他中国知財で重要な事項
 (1)ドメインに関する事例と取るべき対策
 (2)ライセンスに関する事例と取るべき対策
  ・優先権の確認
  ・特許補正
  ・知財訴訟対策
   (1)権利行使がされた場合 (2) 権利行使を行う場合

4.質疑応答
※内容・事例は予告なく変更・修正する場合があります。

開催日 2012年6月26日(火曜)
開場 14:30
講演 15:00~17:00
会場 NOF新宿南口ビル(旧:新宿三信ビル) 4F R3C貸会議室
JR新宿駅南口 徒歩3分
新宿駅A1出口 徒歩1分
(都営新宿線/都営大江戸線/京王新線)
住所 東京都渋谷区代々木2-4-9 NOF新宿南口ビル(旧:新宿三信ビル) 4F
地図はこちらから
※建物1Fにアウトドア・ブランド「mont-bell」が入った建物です。
定員 30名 定員到達次第締め切り
主な対象者 中国進出企業、進出検討企業、経営者、法務・知財担当の方
セミナー参加メリット:
有名な中国知財問題を通して中国ビジネス展開に必要な中国知財に関する知識と対応策を短時間で分りやすく把握できる。
参加費 事前お振込み 5,000円(税込) ※申し込み後お伝えする口座に入金
当日現金お支払い 6,000円(税込)
主催 中国ビジネスヘッドライン.COM 紅橋株式会社
その他 事前申し込みなしの方は入場頂けません。
貴社名及び部署名は講演内容構成の為、講師と共有致します。
稟議添付に役立つ概要PDFを表示

 

講師経歴

プロシード国際特許商標事務所 代表 
弁理士 (特定侵害訴訟代理権付記) 鈴木 康介 先生
日本弁理士会価値評価推進センター副センター長 日本弁理士会関東支部幹事
1995年4月~1999年3月:東京理科大学基礎工学部生物工学科
1999年4月~2001年3月:東京大学大学院医学系研究科国際保健学専攻
2001年7月~2003年3月;アクセンチュア株式会社
2003年4月~2008年8月:大手国際特許事務所、大手国際特許商標事務所
2008年9月~現在:プロシード国際特許商標事務所

※特定侵害訴訟代理付記:弁護士と一緒に訴訟代理人ができる資格

■ 講演実績
2006年 12月7日 IPカルチャー板橋(発明協会主催)
2009年 6月16日 成功する起業家はここが違う!(きずなクラフト株式会社主催)
2009年 6月24日 医療デザインと知的財産(LMDP主催)
2009年 9月11日 弁理士が教えるアイデアを育てるこつ(ドリームゲート主催)
2009年 11月16日 知的資産Weekly 司会(日本弁理士会 主催)
2010年 1月15日 通販サイト運営時の知財トラブル(通販オフ会)
2010年 3月10日 企業経営における知的資産の評価(神奈川産業振興センター)
2010年 11月5日 知的財産を活用した医薬品開発の成功事例について(中部経済産業局主催 富山県)
2010年 11月26日 中国に進出するときに知っておきたい知財の話(関東経済産業局主催 千葉県)
2010年 12月17日 知らないと損!知的財産権の概要(中部経済産業局主催 岐阜県知財セミナー)
2011年 1月14日 知らないと損!知的財産権との関わりかた(中部経済産業局主催 岐阜県知財セミナー)
2011年 1月28日 知らないと損!知的財産権との使いかた(中部経済産業局主催 岐阜県知財セミナー)
2011年 6月 中国商標法(弁理士クラブ)
2012年 1月25日 中国知財リスク回避セミナ-(中国ビジネスヘッドライン 主催)
2012年 5月25日 ブランドの信用、大切な思い (発明)を守る知的財産権(best practice alliance 主催)

■ 執筆実績
2006年 9月 ソフトウェアエンジニアリング論文集80s デマルコ・セレクション 翔泳社 2009年
2006年 10月 中国における商標実務(発明10月号)発明協会
2009年10月 中国における商標実務(発明 社団法人発明協会)
2010年 4月 知財羅針盤(発明4月号 発明協会
2010年 5月 競争優位性又は企業価値と知財 会計・監査ジャーナル5月号) 第一法規出版
2010年 5月 フジサンケイビジネスアイ
2010年 6月~2011年 8月 知財羅針盤 発明協会
2011年 8月~9月 経営戦略に生かす知的財産マネジメント①、②、③(Netpress) SMBC経営懇話会
2011年10月~2012年 6月 知財羅針盤 発明協会

■ 取材実績
 NHK、朝日新聞グローブ、WBS、日経アソシエ

プロシード国際特許商標事務所HP
鈴木 康介 氏のコラムはこちらから

【当日の様子】


編集部

編集部
http://www.chinabusiness-headline.com/contact/

さまざまな中国ビジネス情報をお伝えしていきます。「こんな内容の記事が読みたい」というリクエストがありましたら、上記アドレスからお送りください。

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録

 アクセスランキング(24時間)
  • もっと見る / 週間ランキング / 月間ランキング
  • 新着記事
    PR
    メルマガ登録