中国におけるリスクマネジメントの一環 ~企業の情報発信について~


 中国における製品の安全問題が常に起きている。そして、日本企業の製品の安全性が高いが、常に事件に巻き込まれている。そのため、万一の場合は事件に巻き込まれないように、あるいは巻き込まれた最初の時、以下のいくつかの対策が考えられる。

1、 素早く情報発信、積極的な態度をとる
積極的にマスコミとコミュニケーションをとり、客観的なデータを通じて、商品の安全性を説明する。そして、素早く最新情報をマスコミに伝え、マイナス情報の拡大を防ぐ。

2、 企業のトップからの発信。
企業のトップからの素早い発信により、混乱を防ぐことができる。肝心なのは消費者に企業の誠意を感じてもらうこと。

3、 外部の力を借り、専門家の利用
権威のある機構・専門家(中国・日本)を利用し、自社製品の安全性を説明することは、自社の説明より、消費者から信頼をもえら得やすい。

4、 プレス担当を起用。
通常、危機が発生したとき、情報の混乱がしばしば起こる。そのため、正しい情報(纏まった情報)を消費者に伝えるために、プレス担当を起用すべき。

5、 販売ルートの確保
各販売ルートの責任者と連絡を取り、安心・自信を与える


陳 亮

陳 亮
http://www.cm-rc.com/

株式会社中国市場戦略研究所 コンサルタント
中国の大学卒業後来日。中央大学大学院で総合政策を修めたのち、現職にいたる。
◆主要担当分野:
中国産業調査、中国市場進出に関するコンサルティング、消費者調査など。健康食品、飲料業界から、半導体、家電製品、化学業界にかけての調査・コンサルティング、そして、消費者行動の調査・分析の実績を持つ。今現在、外食企業の中国進出に手掛けている。
◆セミナー講師
日本新華僑報の「インバウンド復興メディア戦略セミナー~」の講師を担当

【寄稿者にメッセージを送る】

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録