中国人観光客、9か月ぶりの減少


日本政府観光局(JNTO)の発表によりますと、10月の中国人の訪日旅行者数は9か月ぶりの減少となりました。1~9月の合計では前年同期より56%増えていたのが、10月は小幅ながら前年同月で減少です。前月までの急激な増加ぶりからするとブレーキがかかったということになります。

原因は当然のことながら尖閣諸島問題や円高でしょう。私も実際に10月以降銀座や秋葉原などに何度か足を運んでみましたが、中国語で話をしている観光客はとても少ない印象で、ましてやバスで乗り付けて大量に買う、というような光景には出くわすことがありませんでした。

しかしながらこんな状況下でも前年とほぼ同じ人数の中国人が日本を旅行しているのです。(ちなみに、台湾や韓国人の訪日は十月も増えたため、訪日者数全体では増加しているようです。)

これだけ円高や不安定な外交の下でも訪日者数が増えているということは日本の観光地としての魅力はまだまだ海外に浸透しておらず、今まさにそれが急速に浸透しているところなのだと思います。

大変な状況が続きますが、大きな流れとしてはチャンスは続いているという認識を持って、我慢強く中国人に魅力をアピールし続けられるところが後になって大きな利益を得ることになるでしょう。

私も当記事やブログで積極的に情報発信していきたいと思います。


池田 力哉

池田 力哉
http://www.global-mktg.com

グローバルマーケティング&コンサルティング代表
東京大学文学部英語英米文学科卒業。大手外資系広告会社マッキャンエリクソンにおいて20年以上にわたりネスレ、J&J、マスターカード、日立、ディズニーランド等数々のグローバル企業の日本及び中国でのマーケティング・広告活動を支援。2009年独立し、中国人エグゼクティブと新たな中国マーケティングの世界を切り開くべく多様なプロジェクトを展開中。(拙ブログ「グローバルマーケティングを考える http://yumenohonya.blogspot.com/ にてご紹介中。)海外の人とすぐに打ち解け、ビジネス関係を築けるコミュニケーション力を最大の強みとする。(TOEIC945点、中国語検定3級)

【寄稿者にメッセージを送る】

著書


Facebookページにご参加ください


更新情報やランキング情報、その他facebookページでしか配信されない情報も届きます。下記より「いいね」を押して参加ください。




中国ビジネスヘッドラインの購読にはRSSとtwitterが便利です


中国ビジネスヘッドラインの更新情報はRSSとtwitterでもお届けしています。
フォローして最新情報を見逃さないようにしてください。


 RSSリーダーで購読する   

メルマガ登録